「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 谷真海、山本篤、穂積絵莉の試合結果
谷真海がスペインでのパラトライアスロンW杯で優勝!ランのペースアップ目標を達成
[ITUパラトライアスロンワールドカップ2017アルタフィリャ]
◇7月2日(日) ◇スペイン/アルタフィリャ

 スペインで開催されたパラトライアスロンのワールドカップに出場した谷真海(サントリー)が女子PTS4のクラスで優勝しました。

 同クラスへの出場選手は3名で、谷はスイム750m13分24秒、バイク20km35分12秒、ラン5km21分51秒とすべてトップタイムをマーク。トランジット(T1/2分5秒、T2/1分14秒)を合わせた1時間13分46秒で、2位に9分近い差を付けての圧勝でした。

 レース後、谷は、自身のフェイスブックで優勝を報告し、「今回はランでペースを上げることを目標にしていて、それが達成できたことが収穫です!今季三戦出場して、アジア選手権4分50、ワールドシリーズ横浜4分40、今回4分20と1キロあたりのペースを上げてこれています」と、コメントしています。

山本篤が関東パラ陸上でT42走幅跳の大会新!100mと出場2種目優勝
[パラ陸上:第21回関東パラ陸上競技選手権大会]
◇7月1日(土)、2日(日) ◇東京都町田市・町田市立陸上競技場

 関東パラ陸上競技選手権に出場した山本篤(スズキ浜松AC)は、T42(片足大腿切断など)男子走幅跳で、6本中3本で自身が持つ大会記録を塗り替える6mジャンプを披露しました。最も良かったのは、3回目に跳んだ6m11で、大会新記録での優勝となりました。

 T42男子100mでは、予選を13秒14(風-0.3m)のトップタイムで通過。決勝でも13秒26(風-0.7m)の走りでトップでゴールし、出場2種目優勝を決めました。

シュツットガルトでのITF2.5万ドル大会で、穂積絵莉がベスト4
[テニス:ITFサーキット「$25,000 Stuttgart-Vaihingen」]
◇6月26日(月)~7月2日(日) ◇ドイツ/シュツットガルト

 シュツットガルトで開催されたITFサーキットの2.5万ドル大会に出場した穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)は、シングルスの準決勝でアメリカのPera.Bernarda選手にストレートで敗れ、決勝進出はなりませんでした。

 本人はフェイスブックで結果を報告。「フレンチ後のこの数大会は良いテニスが出来、収穫も沢山ありました。これからウィンブルドンに向かいます!」とコメントしています。

 ウィンブルドンは、加藤未唯選手(佐川印刷)と女子ダブルスに出場。第16シードとして戦います。

◇試合結果◇
1回戦 ◯6-2,6-1 vs A-G.Vasilescu(ROU)
2回戦 ◯6-2,2-6,7-6(7) vs A.Gabiric(GER)
準々決勝 ◯6-4,6-4 vs C.Scholl(USA)
準決勝●4-6,0-6 vs Pera.Bernarda(USA)