「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 澤野大地、山本篤、穂積絵莉、佐々木元、上山容弘、伊藤美誠の試合結果
日本選手権に出場した澤野大地は5m50で2位。「南部記念で標準記録突破を必ず」
[第101回日本陸上競技選手権大会]
◇6月23日(金)~25日(日) ◇大阪市東住吉区・ヤンマースタジアム長居

 陸上の日本選手権の初日、男子棒高跳に出場した澤野大地(富士通)は、5m50から試技を始めるとこれを1回目でクリア。調子の良さを感じさせる跳躍でしたが、続く5m60は残念ながら3回とも失敗し、2位で大会を終えました。

 本人は下記の通り、ツイッターで結果を報告。「今シーズン1試合目としては、なかなかいい感じでした。南部記念で標準記録突破を必ずします」と7月9日の大会で、5m70の派遣標準記録突破を誓っています。

 日本選手権の最終日には、パラリンピック種目の100mが行なわれ、山本篤(スズキ浜松AC)が別のクラスの3名とともに出場。向かい風0.4mながら13秒27と、先日のパラ陸上の日本選手権での記録を上回るタイムでゴールしています。

トルコイズミルでのITF6万ドル大会のシングルスで、穂積絵莉が準優勝!
[テニス:ITFサーキット「$60.000 Izmir」]
◇6月19日(月)~25日(日) ◇トルコ/イズミル
トルコイズミルでのITF6万ドル大会のシングルスで、穂積絵莉が準優勝!

 トルコで開催されたITF6万ドル大会で、穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)がシングルスの決勝まで勝ち進み、準優勝の成績を収めました。

 第8シードで出場した穂積は、2回戦でフルセットと苦しみますが、準々決勝で第2シードのニナ・ストヤノビッチ選手(セルビア)、準決勝ではアイラ・アクス選手(トルコ)をストレートで下し決勝進出。決勝は、ルーマニアのミハエラ・ブザルネスク選手に1-6,0-6で敗れ、シングルスでの今シーズン初優勝はなりませんでした。

 本人はフェイスブックで結果を報告。「自分なりに色々考えながら戦った結果、『準優勝』することが出来て嬉しいです」とコメントしています。

◇試合結果◇
・シングルス
1回戦 ◯6-2,6-2 vs A.UZCATEGUI(VEN)
2回戦 ◯3-6,7-6(1),7-6(5) vs B.CENGIZ(TUR)
準々決勝 ◯6-4,6-3 vs N.STOJANOVIC(SRB)
準決勝◯6-2,7-5 vs A.AKSU(TUR)
決勝●1-6,0-6 vs M.BUZARNESCU(ROU)

BMXフラットランドの「Sosh Freestyle Cup」に佐々木元が出場。準決勝で惜敗
[BMXフラットランド:「Sosh Freestyle Cup」]
◇6月24日(土) ◇フランス/マルセイユ

 フランスのマルセイユで開催された「Sosh Freestyle Cup」に出場した佐々木元は、準決勝で内野洋平選手と対戦。日本人同士の白熱したバトルの判定は1-2で佐々木が惜敗。3人による決勝バトルへの進出はなりませんでした。

 大会の模様が大会公式フェイスブックにアップされています。佐々木元の1回戦は58分頃から、準決勝は1時間25分頃からですので、ぜひご覧ください。

トランポリンの日本代表最終選考会、上山容弘は総合5位で代表入りならず
[第32回世界トランポリン競技選手権大会 日本代表最終選考会]
◇6月23日(金)、24日(土) ◇群馬県高崎市・高崎アリーナ

 トランポリンの世界選手権の日本代表最終選考会に上山容弘(JHC)が出場しました。

 上山は23日の予選を3位で通過しましたが、翌24日の決勝では、着地の位置に乱れが出てしまい、合計得点で2選手に逆転され、総合5位に終わりました。

 最終選考会での代表選出枠は最大3つだったため、今年の世界選手権への出場は、残念ながら叶いませんでした。

卓球の中国OPで伊藤美誠は単複ともに初戦突破も2戦目で中国人選手に敗戦
[卓球:ITTFワールドツアー「中国オープン」]
◇6月20日(火)~ ◇中国・成都

 卓球の中国オープンに出場した伊藤美誠(スターツSC・昇陽高校)は、女子シングルス2回戦で中国の丁寧選手と対戦。ホームの声援を背に受けた世界チャンピオンの牙城を崩すことはできず、0-4のストレートで敗れました。

 女子ダブルスは、早田ひな選手(希望が丘高校)とのペアで出場。1回戦は韓国ペアを3-0のストレートで下しましたが、準々決勝は陳夢/朱雨玲ペア(中国)にストレートで敗れ、準決勝進出はなりませんでした。

◇試合結果◇
・シングルス
1回戦 ◯4(11-6,11-9,11-7,11-8)0 vs 周一涵(シンガポール)
2回戦 ●0(5-11,5-11,5-11,6-11)4 vs 丁寧(中国)

・ダブルス(早田ひな選手とのペア)
1回戦 ◯3(11-9,11-3,12-10)0 vs 崔孝珠/JUNG Yumi(韓国)
準々決勝●0(11-13,3-11,6-11)3 vs 陳夢/朱雨玲(中国)