「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 山本篤、廣道純、佐々木元、藤田さいきの試合結果
山本篤が日本パラ陸上で出場2種目優勝!走幅跳は最後の跳躍で6m38の好記録
[第28回日本パラ陸上競技選手権大会]
◇6月10日(土)、11日(日) 
◇東京都世田谷区・駒沢オリンピック公園陸上競技場

 日本パラ陸上競技選手権に出場した山本篤(スズキ浜松AC)は、大会初日にT42(片足大腿切断など)男子走幅跳に出場。6回目の跳躍で、追い風参考(+2.9m)ながら6m38の好記録をマークして優勝しました。

 試合後、「自分のやりたいことをうまくできれば、世界陸上でもいい順位が取れると思います。金を取るために世界陸上に臨めるように準備したいです」とインタビューに答え、7月14日から23日までイギリスのロンドンで開催される「世界パラ陸上競技選手権大会2017」への意気込みを語っていました。

 大会2日目には、T42男子100mに出場。予選13秒32のトップタイムで通過すると、決勝でもトップでゴールし優勝しましたが、タイムは、向かい風が強かったこともあり(-2.9m)13秒72と振るいませんでした。

 以下は、大会後にアップされた自身のインスタグラムの投稿です。

日本パラ陸上競技選手権で廣道純が800m優勝!400mは2位
[第28回日本パラ陸上競技選手権大会]
◇6月10日(土)、11日(日) 
◇東京都世田谷区・駒沢オリンピック公園陸上競技場

 日本パラ陸上に出場した廣道純(プーマジャパン)は、大会初日、T53(腹筋と下部背筋の機能がないなど)800mで優勝しました。出場選手が少なく独走になったため、タイムは1分54秒21にとどまりました。

大会2日目の400mでは、優勝した松永選手から2秒近く遅れ、54秒01の2位でフィニッシュしました。

佐々木元がBMXフラットランドの世界戦でシーズン初戦。予選2位通過も決勝は4位
[2017 BMX FLATLAND WORLD CIRCUIT Round 2「Ninja Spin」]
◇6月10日(土)、11日(日) ◇フランス/グルノーブル

 BMXフラットランドの世界サーキット第2戦「Ninja Spin」に佐々木元が出場しました。怪我等あり、この大会が今シーズン初戦となった佐々木でしたが、ブランクを感じさせず、予選で完璧なランを連発し2位で決勝進出を決めました。

 決勝でも上位選手は、レベルの高いトリックを次々と成功させ、佐々木もその流れに乗ってしっかりと技をメイク。しかし、上位選手の中でただ一人、「ラストコンボ」のコール後にランを成功させることができなかったことが影響してか、決勝は4位となり、惜しくも表彰台を逃しました。

 大会の動画が下記にありますので、ぜひご覧ください。
予選動画(佐々木元は31分頃登場)
決勝動画(同19分頃)

藤田さいきは決勝ラウンドで順位を落とし43位タイ/サントリーレディスオープン
[ゴルフ:サントリーレディスオープンゴルフトーナメント]
◇6月8日(木)~11日(日) ◇神戸市北区・六甲国際ゴルフ倶楽部

 サントリーレディスオープンに出場した藤田さいき(チェリーゴルフ)は、3アンダー28位タイで2日間の予選を終えました。

 迎えた決勝ラウンドは、3日目2オーバー、最終日3オーバーとスコアを落としてしまい、4日間トータル2オーバー43位タイでトーナメントを終えています。