「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 藤田さいきの試合結果
リゾートトラストレディスで藤田さいきが首位浮上!プレーオフの末優勝ならず
[ゴルフ:リゾートトラストレディス]
◇5月26日(金)〜28日(日) ◇奈良県山添村・オークモントゴルフクラブ

 リゾートトラストレディスに出場した藤田さいき(チェリーゴルフ)は、最終日、首位と3打差の4アンダー9位タイでスタート。前半から好調なプレーでバーディを重ねた藤田は、最終18番ホールを迎えたときには10アンダー単独首位に立っていました。しかし、ここで約1.2mのパーパットを沈められず、全美貞選手との首位タイに後退。さらに、藤田の次の組で回っていた姜秀衍選手が18番でバーディを奪って9アンダーで並び、優勝の行方は3人によるプレーオフに持ち込まれました。

 決着はプレーオフの1ホール目。同じ18番ホールでバーディを奪ってプレーオフに食い込んだ姜選手だけがバーディを決め、藤田は6年ぶりとなる優勝を逃しました。

 LPGAのサイトに次のように藤田のコメントが掲載されています。
「だいぶパッティングの自信がついてきて、良い流れになってこれだけのスコアがでると思ってなかったので、良かったです。ここしばらく優勝から遠ざかっていたし、やっとこの位置に戻ってこれたので、自分に期待できますね。プレーオフもできたし、また、チャンスを待って頑張りたいです。勝てなかったのはしょうがないです」

 自身のブログでも、「なんで最後のパットを沈めないんだ!私!と自分を怒っていた18番グリーン。笑って怒るなんて久しぶりにしました。」と、素直な気持ちを綴っています。