「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 荒牧太郎、穂積絵莉の試合結果
バルドラール浦安がカップ戦準優勝!荒牧太郎は準決勝先制点など決勝進出に貢献
[フットサル:sfida Fリーグオーシャンカップ2017 in 北海きたえーる]
◇5月18日(木)~21日(日) ◇札幌市豊平区・北海きたえーる

 Fリーグのカップ戦、「オーシャンカップ2017」が札幌市で開催され、荒牧太郎が所属するバルドラール浦安がチーム初のファイナルに進出。決勝では優勝5回の名古屋オーシャンズに0-5で敗れ、残念ながらタイトル獲得はなりませんでした。

 1回戦すみだ戦で3-1と勝利した浦安は、準々決勝の町田戦では終了間際の39分に同点ゴールを奪いPK戦の末勝利しました。

 準決勝は前半8分、荒牧太郎が先制点を奪い試合を優位に進めると、1回戦で10点、準々決勝で7点と攻撃力を爆発させた湘南を1点に抑え4-1で勝利。オーシャンカップで初のファイナル進出を決めました。

 決勝は名古屋を相手に5失点零敗となりましたが、監督が変わり新体制で臨むシーズン最初の大会での準優勝は、6月10日に開幕するFリーグへ期待が膨らむ結果となりました。

 荒牧太郎は、この大会の4試合すべてに先発出場。得点は湘南戦の先制点1点でしたが、常にチーム最多(最多タイ含む)のシュートを放ち、チームを牽引しました。

 本人はブログで大会準優勝を報告。決勝での完敗に喜びの言葉は見られず、「危機感を持ちつつ日々の練習には笑顔で、積極的に、みんなで乗り組めるように、自分自身の役割も果たしていかないと!」と、リーグ戦開幕を見据えています。

◇バルドラール浦安の試合結果◇
18日(木)1回戦 ◯3-1 vs フウガドールすみだ
19日(金)準々決勝 ◯1-1 PK3-2 vs ペスカドーラ町田
20日(土)準決勝 ◯4-1 vs 湘南ベルマーレ ※荒牧太郎が先制点!
21日(日)決勝  ●0-5 vs 名古屋オーシャンズ

穂積絵莉・加藤未唯ペアはWTAプレミア5「イタリア国際」の初戦に勝利しベスト16
[テニス:WTAプレミア5「Internazionali BNL d’Italia」]
◇5月15日(月)~21日(日) ◇イタリア/ローマ
穂積絵莉・加藤未唯ペアはWTAプレミア5「イタリア国際」の初戦に勝利しベスト16

 イタリアローマで開催されたWTAツアー「BNLイタリア国際」のダブルスに出場した穂積絵莉(橋本総業ホールディングス)・加藤未唯(佐川印刷)ペアは、サマンサ・ストーサー(オーストラリア)/ジャン・シューアイ(中国)の強豪ペアを6-2,6-4で破り、初戦突破を果たしました。

 2回戦は、第6シードのアビゲイル・スピアーズ(アメリカ)/カタリナ・スレボトニク(スロベニア)と対戦し、2-6,5-7と惜しくも敗れ、ベスト8進出はなりませんでした。

 本人はフェイスブック「このグレードで1つ勝てたことは自信に繋がりました。また前々週から継続して良いダブルスができ、クレーコートで試合数もこなすことができ、全仏を前にしっかりとした準備ができました」と、全仏オープンに向けての好感触を綴っています。

◇試合結果◇
・ダブルス(加藤未唯選手とのペア)
1回戦 ◯6-1,4-6,10-8 vs S.Stosur(オーストラリア)/S.Zhang(中国)
2回戦 ●2-6,5-7 vs A.Spears(アメリカ)/K.Srebotnik(スロベニア)