「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の試合結果INDEX > 家根谷依里、小野塚彩那、荒牧太郎の試合結果
冬季アジア大会初日、家根谷依里が大回転で金メダル第1号!2日目は回転で銀
[第8回アジア冬季競技大会(2017/札幌)]
◇2月19日(日)、20日(月) ◇札幌市手稲区・サッポロテイネ
冬季アジア大会初日、家根谷依里が大回転で金メダル第1号!2日目は回転で銀

 札幌で開催中の冬季アジア大会の第1日、スノーボードアルペン競技の女子大回転に出場した家根谷依里(大林組)は、1本目2位に0秒28差を付ける55秒67でトップに立つと、2本目もトップタイムをマークしトータル1分43秒47、2位の選手に2秒23の大差を付け優勝しました。

 家根谷は「ミスはしかけたんですけど、根性で戻ってきました」と、テレビのインタビューに答え、大会最初の決勝種目で金メダルを獲得したことについては、「いいスタートが切れたので、ほかの日本人選手の活躍も続いていってもらえればと思います」と話していました。

 大回転の翌日に行なわれた回転では、1本目に急斜面でミスが出てトップと2秒13差の4位と苦しいスタート。それでも、2本目はただ一人40秒を大きく切る38秒06をマークし差を縮め、優勝には100分の7秒届かなかったものの見事に銀メダルを獲得しました。

 家根谷はレース後、「銀メダルは悔しいですが、2本目は攻めることだけを考えて良い滑りができたと思います」と振り返っていました。
(画像は大会公式サイトストリーミング放送より引用。大回転の表彰式は、札幌ドームでの開会式の中で行なわれました)

平昌五輪のプレ大会として開催されたワールドカップで小野塚彩那が3位表彰台!
[FISフリースタイルスキーW杯:平昌大会]
◇2月16日(木)、18日(土) ◇韓国/平昌 Phoenix
平昌五輪のプレ大会として開催されたワールドカップで小野塚彩那が3位表彰台!

 来年のオリンピックのプレ大会として平昌で開催されたフリースタイルスキーW杯女子ハーフパイプに出場した小野塚彩那(石打丸山スキークラブ)は予選を4位で通過し、決勝では1つ順位を上げ3位となり、アメリカ大会に続き2戦連続でW杯の表彰台に立ちました。

 オリンピックと同じ舞台で行なわれた大会には、世界のトップ選手が揃い、ソチ五輪の金メダリストで昨年までXゲーム3連覇、先日のアメリカW杯でも2位だったマディー・ボーマン選手(アメリカ)が85.20点をマークしながら7位となって予選落ちしてしまうほどハイレベルな戦いとなりました。

 小野塚も1本目に88.00と3位に付け、2本目には89.00点とスコアを上げましたが、カナダのキャシー・シャープ選手に抜かれ4位での決勝進出となりました。

 予選から2日後に行なわれた決勝では、1本目83.80点で3位、2本目は84.00点で3位をキープ、最後の3本目で逆転を狙いましたが失敗に終わり、予選3位のキャシー・シャープ選手(カナダ)の得点が小野塚を上回らなかった時点で3位が確定しました。

 試合を終えた小野塚は「上位6名の決勝では優勝したマリエ・マルティノ選手以外は全員ルーティーンを変えての戦いとなりました。私は、今シーズンから取り入れた900よりも、今までやってきたスイッチトリックの荒さが目立った試合となってしまいました。来シーズンはこの会場で一番高いところに立てるよう、残りのシーズンの試合も含め来シーズンに向けしっかりと調整をしたいと思っております」とコメントしています。

荒牧太郎が所属するバルドラール浦安は6位でFリーグ2016/2017シーズン終了
[フットサル:SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017]
◇2016年6月11日(土) ~ 2017年2月19日(日)

 Fリーグの2016/2017シーズンは全33節が終了し、荒牧太郎が所属するバルドラール浦安は、33試合14勝6分13敗の勝ち点48で6位の成績でした。残念ながら、5位以内のチームによるプレーオフ出場はならず、リーグ戦は終了しました。

 荒牧はリーグ戦全試合出場を達成(先発20試合)、10月から11月にかけての6試合連続ゴールを含む14得点を上げるなど、チームを牽引しました。

 チームは、3月10日から始まる全日本選手権で日本一を目指します。

◇バルドラール浦安のFリーグ2016/2017試合結果◇
6/12(日)●4-6 vs シュライカー大阪(代々木第一体育館)
       ※荒牧太郎は開幕戦1ゴール!
6/18(土)●4-5 vs 府中アスレティックFC(府中市立総合体育館)
       ※荒牧太郎は2戦連続ゴールもチームは逆転負け
6/25(土)◯4-2 vs エスポラーダ北海道(浦安市総合体育館)
       ※ホーム開幕戦でシーズン初勝利!
7/02(土)△2-2 vs デウソン神戸(墨田区総合体育館)
7/09(土)◯4-2 vs ヴォスクオーレ仙台(仙台市青葉体育館)
7/22(金)●3-4 vs ペスカドーラ町田(町田市立総合体育館)
7/31(日)◯5-3 vs 湘南ベルマーレ(浦安市総合体育館) 
       ※荒牧太郎は2節以来のゴール!
8/07(日)△2-2 vs アグレミーナ浜松(小田原アリーナ) 
       ※荒牧太郎は2試合連続ゴール!
8/11(木祝)●1-2 vs フウガドールすみだ(墨田区総合体育館)
8/14(日)●3-5 vs 名古屋オーシャンズ(浦安市総合体育館)
8/27(土)◯4-3 vs エスポラーダ北海道(テバオーシャンアリーナ)
8/28(日)◯2-1 vs 府中アスレティックFC(テバオーシャンアリーナ)
       ※2連勝で6位浮上!
9/04(日)●5-7 vs バサジィ大分(小田原アリーナ)
       ※荒牧は2得点の活躍もチームは敗戦。7位に後退。
10/15(土)●3-6 vs シュライカー大阪(グリーンアリーナ神戸)
       ※再開初戦黒星で、チームは8位に後退
10/22(土)△5-5 vs デウソン神戸(浦安市総合体育館)
10/28(金)◯5-1 vs ヴォスクオーレ仙台(浦安市総合体育館)
       ※荒牧太郎は2得点で勝利に貢献!チームは7位浮上
11/03(木祝)◯5-3 vs バサジィ大分(大分県立総合体育館)
      ※荒牧太郎は1得点でチームの連勝に貢献!
11/07(月)◯5-3 vs ペスカドーラ町田(浦安市総合体育館)
       ※荒牧太郎が決勝ゴール!チームは3連勝で5位浮上
11/13(日)●1-8 vs 湘南ベルマーレ(小田原アリーナ)
      ※荒牧は4戦連続ゴール!しかしチームは連勝ストップ
11/18(金)●3-5 vs アグレミーナ浜松(浜松アリーナ)
       ※荒牧は連続得点を5試合に伸ばすも、チームは連敗
11/22(火)●3-4 vs フウガドールすみだ(浦安市総合体育館)
       ※荒牧が6試合連続得点!しかしチームは敗れ8位に
11/27(日)◯4-3 vs 名古屋オーシャンズ
             (テバオーシャンアリーナ)
12/05(月)◯1-0 vs 府中アスレティックFC(浦安市総合体育館)
       ※チームは連勝で6位に浮上!
12/11(日)●1-4 vs エスポラーダ北海道(北海きたえーる)
12/17(土)●5-6 vs シュライカー大阪(浦安市総合体育館)
12/25(日)●1-2 vs デウソン神戸(グリーンアリーナ神戸)
       ※痛い3連敗で7位に後退
01/07(土)◯4-3 vs ヴォスクオーレ仙台(浦安市総合体育館)
       ※新年初戦に勝利し連敗ストップ、6位浮上
01/14(土)◯5-4 vs バサジィ大分(浦安市総合体育館)
01/22(日)◯3-1 vs ペスカドーラ町田(町田市立総合体育館)
       ※荒牧太郎はチームに勢いをもたらす同点弾!
01/27(金)△1-1 vs 湘南ベルマーレ(テバオーシャンアリーナ)
02/05(日)◯3-1 vs 浜松(浜松アリーナ)
       ※5位と勝ち点5差の6位。
        プレーオフ進出の可能性を残す勝利
02/12(日)△1-1 vs すみだ(浦安市総合体育館)
       ※残念ながらプレーオフ進出の可能性が消滅
02/19(日)△1-1 vs 名古屋オーシャンズ(テバオーシャンアリーナ)