「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2018年の活動レポートINDEX > 山田幸代、杉本美香の活動レポート
山田幸代が奥多摩町で講演「ゼロからのスタート【多文化への理解】」&体験会
山田幸代が奥多摩町で講演「ゼロからのスタート【多文化への理解】」&体験会
  • 東京都青少年応援プロジェクト
  • 7月14日(土)
  • 東京都奥多摩町・奥多摩文化会館、奥多摩町立古里小学校体育館
     

 山田幸代が東京都の青少年応援プロジェクトで奥多摩町に赴き、講演とラクロス体験会を行ないました。

 講演で山田は、日本でのキャリアを捨てて、日本では誰もいなかったプロラクロスプレーヤーとしてオーストラリアで活動している経緯や、どのようにしてオーストラリアの文化に馴染むことができたかなどについて話をしました。

 ラクロス体験会では、小学生、中学生、大人の方を対象に、パスやシュートを指導し、ラクロスという競技を紹介。最後の質疑応答で、やりたいことが見つかっていないという中学生には、「スポーツでなくても、なんでもいいのでまずは今やっていることを全力で取り組むこと。また、いろんなことに興味を持って」と答えていました。

杉本美香が津山市の高校で講演と部活指導。「意識を少し変えるだけで未来は変わる」
杉本美香が津山市の高校で講演と部活指導。「意識を少し変えるだけで未来は変わる」
杉本美香が津山市の高校で講演と部活指導。「意識を少し変えるだけで未来は変わる」
  • 「ポカリスエットエールキャラバン2018」
  • 7月12日(木)
  • 岡山県津山市・岡山県立津山工業高校
     

 杉本美香が、「ポカリスエットエールキャラバン2018」で岡山県立津山工業高校を訪れ、講演と部活指導を行ないました。

 講演では、運動部に所属している生徒約200名に向けて、杉本自身が柔道強豪校ではない公立高校に入学し、全国大会に出るレベルではなかった柔道部で全国優勝を成し遂げた経験を話しました。

 当時の杉本は、「オリンピックに出場したい!世界で活躍できる選手になりたい!」という目標を掲げ、周りの選手にも「一緒に全国優勝目指して頑張ろう」と言っていました。最初は「無理じゃないか」「何言ってるの」と本気にされませんでしたが、諦めずに言葉にし続けること、自分自身が妥協しない練習姿勢を続けることで、徐々に雰囲気が変わっていき、ついには本当に全国大会で優勝することができたといいます。

 そして、「目標がある人は今はできなくても、思いを持ち続けることや、意識を少し変えるだけで未来は変わってきます。また、まだ目標がない人もいろんなことに興味を持ったり、一生懸命取り組んでください」とエールを送りました。

 柔道部の生徒と地元の中学生への部活指導では、トレーニング方法や、技の掛け方などを教えていました。