「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2018年の活動レポートINDEX > 岡紀彦、渡辺圭那子、宇津木妙子の活動レポート
岡紀彦と平野早矢香さんが、卓球&車いす卓球の体験指導とオリ・パラトーク
岡紀彦と平野早矢香さんが、卓球&車いす卓球の体験指導とオリ・パラトーク
岡紀彦と平野早矢香さんが、卓球&車いす卓球の体験指導とオリ・パラトーク
  • 「レガス卓球フェスタ」
  • 3月10日(土)
  • 東京都新宿区・新宿コズミックスポーツセンター体育館
     

 岡紀彦が東京・新宿コズミックスポーツセンターで行なわれた「レガス卓球フェスタ」にゲストとして参加しました。

 一般の方々に卓球と車いす卓球を体験してもらい、トップアスリートのプレーを間近で見てもらうことで、オリンピック・パラリンピックへの関心を高めてもらうためのイベントで、ロンドンオリンピック卓球女子団体で銀メダルを獲得した平野早矢香さんと、ジャパンオープンパラ卓球選手権27回優勝の岡が講師を務め、直接指導を行ないました。

 幅広い年代の健常者の方、障がい者の方が二人の指導を受け、健常者の方は車いす卓球にも挑戦していただき、普段とは違う卓球を楽しんでいました。

 また、渡辺圭那子が司会進行役を務めたトークショーでは、平野さんと岡がそれぞれオリンピック・パラリンピックで感じたことや選手村での話など、知られていない面を披露していました。

 最後に岡は、翌週28回目の優勝を狙うジャパンオープンを控えていることもあり、「東京にライバル選手がいますが、今日ご参加いただいた皆様にはぜひ岡山の岡を応援してくださいね」とお願いし、会場を盛り上げました。

宇津木妙子が埼玉のシニア世代に向けて講演「何歳になってもチャレンジし続けて」
宇津木妙子が埼玉のシニア世代に向けて講演「何歳になってもチャレンジし続けて」
  • (公財)いきいき埼玉 アクティブ・シニア活躍事業「特別講演会」
  • 3月11日(日)
  • 埼玉県伊奈町・埼玉県県民活動総合センター
     

 宇津木妙子が、いきいき埼玉アクティブ・シニア活躍事業「特別講演会」で講師を務め、「夢と人生 〜何事にも真正面から向き合うこころ・新たな挑戦〜」と題し講演を行ないました。

 いきいき埼玉では地域活動の担い手として、豊富な知識・経験・能力を有するシニア人材を支援する活動をしており、今回宇津木は、そうしたシニアの方々に向けて、モチベーションを保ちチャレンジすることの重要性を説きました。

 そして、自身の失敗談として、2000年のシドニー五輪で日本代表監督として指揮を執った宇津木が、決勝戦まで全勝で勝ち進み、予定通り金メダル獲得に向けた指示ができていたのに、決勝戦の緊張やプレッシャーから判断すべきところでできなくなったという体験を語り、「どんな人の中にも心があり、迷いや後悔、ときには失敗することもありますが、何歳になってもチャレンジし続けてほしい」と伝えました。