「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2017年の活動レポートINDEX > 廣瀬栄理子の活動レポート
廣瀬栄理子が「スポーツ博覧会」でバドミントン教室。計約60名の子どもたちを指導
廣瀬栄理子が「スポーツ博覧会」でバドミントン教室。計約60名の子どもたちを指導
廣瀬栄理子が「スポーツ博覧会」でバドミントン教室。計約60名の子どもたちを指導
  • 「スポーツ博覧会2017」
  • 10月7日(土)
  • 東京都世田谷区・駒沢オリンピック公園
     

 廣瀬栄理子が「スポーツ博覧会2017」で昨年に続いて2度目のアスリートゲストを務め、バドミントン教室とアスリートトークショーに出演しました。

 バドミントン教室は、日本ユニシスでコーチを務める平山優さんと一緒に、各回約30名の子どもたちを対象に2回行ない、ラケットの握り方から、ラリーでの打ち方まで基本的な技術を指導しました。

 昨年初めて参加したという子が今年も参加してくれ、昨年の体験でバドミントンが楽しくなり、その後地元のバドミントンクラブに入り、今も好きで続けていると嬉しい報告をしてくれました。

 トークショーでは、バドミントンの魅力や、2020年東京オリンピックに向けて注目の選手等を紹介しました。そして、最後に廣瀬は、「一人でも多くの子がスポーツ博覧会を通じて、楽しくカラダを動かすことの良さや、スポーツに対して興味を持ってもらえると嬉しいです」と語りました。