「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
佐藤真海が台東区内で『試練を力にかえる生き方』をテーマに講演しました
佐藤真海が台東区内で『試練を力にかえる生き方』をテーマに講演しました
  • 「東京玩具人形協同組合教育研修委員会」
  • 11月21日(水)
  • 東京都台東区・マスダヤビル「マンハッタンホール」
     

佐藤真海が東京玩具人形協同組合教育研修委員会で講演を行ないました。

台東区内のホールで開催された講演会には、同組合加入の企業から120人余りが出席、佐藤の「試練を力にかえる生き方」をテーマとした話に熱心に聞き入っていました。

佐藤は、突然の手術宣告という困難からいかに立ち直りパラリンピックを目指したかを柱に、ロンドンパラリンピックの映像やパワーポイントを使いわかりやすく話していました。

出席者からは「絶望から立ち直った姿に感動した」「普通に生きていることがいかにありがたいことか感謝したい」「勇気をいただきました」などの感想が聞かれました。

澤野大地が足立区の中学校で『夢に向かって』と題し講演。スポーツ教室も実施
澤野大地が足立区の中学校で『夢に向かって』と題し講演。スポーツ教室も実施
澤野大地が足立区の中学校で『夢に向かって』と題し講演。スポーツ教室も実施
  • 足立区立鹿浜中学校 講演・スポーツ教室
  • 11月21日(水)
  • 東京都足立区
     

東京都スポーツ教育推進校に指定されている足立区立鹿浜中学校にて、澤野大地が特別講師を務め、全校生徒約160名を対象とした講演・スポーツ教室を行ないました。

講演は『夢に向かって』と題し、目標の立て方(より具体的なものでイメージすること)、目標達成のためには、失敗から何を学んで次にどう生かすかなど、経験を元に伝えました。

講演後はグラウンドでスポーツ教室を行ない、身体の動かし方のポイントやバランスのとり方など、色々なスポーツに活用可能な運動の基本を教えました。

11月の3連休、エリックは福知山マラソンと江東シーサイドマラソンに出場
11月の3連休、エリックは福知山マラソンと江東シーサイドマラソンに出場
  • 「第22回福知山マラソン」
  • 11月23日(金祝)
  • 京都府福知山市・三段池公園総合体育館
     

エリック・ワイナイナが、第22回福知山マラソンにゲストランナーとして出場しました。スタート時の気温は9度と寒く、小雨もぱらついていてマラソン日和ではありませんでしたが、約1万人のランナーが秋の紅葉が深まる山道を走り抜けました。

今年で4年連続の出場となる大会を心待ちにしていたエリックは、ハーフで走り終える予定を30qまで伸ばすサプライズサービス。30qからゴールまでは、地元自衛隊の方が運転するジープに乗り込み、ゴールを目指すランナーに声援を送りました。


11月の3連休、エリックは福知山マラソンと江東シーサイドマラソンに出場
  • 「第32回江東シーサイドマラソン」
  • 11月25日(日)
  • 東京都江東区・夢の島競技場
     

エリック・ワイナイナが、第32回江東シーサイドマラソンにゲストランナーとして出場しました。

10kmの部に出場したエリックは、ランナーや沿道の方たちと交流をしながら、ゆっくりペースの51分で完走。

その後はMCの深山計とともにトークショーに出演。アテネパラリンピック金メダリストの高 橋勇市選手とともに、2020年のオリンピック・パラリンピックが東京で行なわれることへの期待を話しました。

有森裕子が「神戸マラソン」と「大阪マラソン」、それぞれのEXPOでトークショー
有森裕子が「神戸マラソン」と「大阪マラソン」、それぞれのEXPOでトークショー
  • 「神戸マラソン2012EXPO」
  • 11月23日(金祝)
  • 神戸市中央区・神戸国際展示場
     

神戸マラソンの受付は、本番2日前の23日から神戸国際展示場で行なわれ、関連イベントの「神戸マラソンEXPO2012」も同時に開催されました。

このイベントにゲスト出演した有森裕子は、EXPO開幕を告げるテープカットに出席したあと、大会主催のトークイベントとアシックスブースでのトークイベントに出演しました。

有森は、オリンピック出場時の思い出やエピソードを話し、初めてフルマラソンに挑戦する場合の注意点や心構えなどについてアドバイスを送りました。


有森裕子が「神戸マラソン」と「大阪マラソン」、それぞれのEXPOでトークショー
有森裕子が「神戸マラソン」と「大阪マラソン」、それぞれのEXPOでトークショー
  • 「大阪マラソン2012」
  • 11月24日(土)
  • 大阪市住之江区・インテックス大阪
     

「大阪マラソン2012」のチャリティサポーターを務める有森裕子は、大会前日の24日にEXPO会場で行なわれたトークショーとオークションに出演しました。

トークショーでは、古田敦也さんと、チャリティー活動を始めたきっかけ、大阪マラソンの「7色応援スタイル」、ジャスト・ギビングなどについて話し、チャリティーブース「スペシャルオリンピックス日本」コーナーでは、理事長としてボランティアスタッフと一緒にチャリティーを呼びかけました。