「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
シティマラソン福岡で今年も有森裕子とエリックがゲスト。廣道純は5km連覇!
シティマラソン福岡で今年も有森裕子とエリックがゲスト。廣道純は5km連覇!
シティマラソン福岡で今年も有森裕子とエリックがゲスト。廣道純は5km連覇!
  • 「シティマラソン福岡2012」
  • 11月11日(日)
  • 福岡市中央区・ヤフードーム
     

シティマラソン福岡に、有森裕子エリック・ワイナイナがゲストランナーで出場しました。このゲストペアは昨年と同じ組み合わせで、有森は5kmの部、エリックはハーフの部を走りました。

朝方まで予報通りの雨でしたが、有森とエリックの元気溢れるパワーが吹き飛ばしたのか、見事に雨は止み、気温もランナーにとってはベストなコンディションとなりました。

大会中、ドーム内にはランナーを鼓舞する有森の大声が響き渡り、エリックの折り返し地点での給水サービスが振る舞われ、ランナーたちにとっては大喜びの大会となりました。

なお、この大会にはロンドンパラリンピックに出場した廣道純(プーマジャパン)も昨年に引き続きエントリー。5km車いすの部で、同じくロンドンパラリンピックに出場した選手たちとのデッドヒートを制し、見事に大会連覇を成し遂げました。

本人はブログで「1km過ぎからは泳がされる形で先頭に出さされて、ラスト1kmは度々ホッキーに捲られながらも、何とか先頭を譲らずゴールまで走り切り、昨年に続いて2連覇出来ました。4回中、3回走って全て1着と相性の良い大会でした」とレースを振り返っています。

京谷和幸が北海道安平町で1日2回講演。小学生とは夢について語り合いました
京谷和幸が北海道安平町で1日2回講演。小学生とは夢について語り合いました
京谷和幸が北海道安平町で1日2回講演。小学生とは夢について語り合いました





  • 追分高等学校「平成24年度人権啓発講演会」、「遠浅小学校講演会」
  • 11月8日(木)
  • 北海道安平町・追分高等学校、遠浅小学校
     

11月8日、京谷和幸が、北海道安平町にて2回講演を行ないました。午前は追分高等学校にて、地元高校生・中学生を対象に60分、「夢を持つことの大切さ」をテーマに語りました。

最後は生徒たちとフリースロー対決をして交流をしましたが、引退をしたにもかかわらず80%近い京谷の決定率に、生徒一同驚き、盛り上がっていました。

午後は遠浅小学校で4年生〜6年生の約20名を対象に講演。児童数が少ないという事もあり、こちらは1回目と全く雰囲気の変わった、楽しい座談会形式になりました。

京谷は子供たちに、1、夢を持つ 2、行動を起こす 3、あきらめない 4、出会いを大切に 5、感謝の気持ちを持つという持論「夢実現のSTEP5」を披露しながら、夢について語り合いました。