「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
市橋有里が久米島でランナーを励ましながらハーフ快走。ラジオ出演なども。
市橋有里が久米島でランナーを励ましながらハーフ快走。ラジオ出演なども。
市橋有里が久米島でランナーを励ましながらハーフ快走。ラジオ出演なども。
  • 「2012久米島マラソン」
  • 10月28日(日)
  • 沖縄県久米島町・久米島町営仲里野球場スタート/ゴール
     

市橋有里が久米島マラソンにゲストランナーとして出場しました。今回の久米島マラソンは過去最多の1602人が出場、市橋はハーフマラソンを走りながら、コース途中での応援や伴走など、多くのランナーを激励していました。

レース終了後は、今年5月に開局したばかりのコミュニティーラジオ「FM久米島」に生出演したり、ふれあいパーティーに参加しランナーとともに沖縄民謡を踊るなど参加者とふれあいました。

久米島マラソンは全体の約3分の1が、関東圏を始めとした県外から参加しているランナーで、リピーター率が非常に高いのが特徴です。

フルマラソンの制限時間が7時間であること、町をあげての運営でランナーに対するホスピタリティに優れている事、“マスターズ方式”の5歳刻みでの表彰など、ランナーにとって評価の高い大会となっています。