「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
浜松シティマラソンで市橋有里がゲストランナー。3kmの部を一緒に走りました
浜松シティマラソンで市橋有里がゲストランナー。3kmの部を一緒に走りました
  • 「第8回浜松シティマラソン」
  • 2月26日(日)
  • 静岡県浜松市・浜松市役所、四ツ池公園陸上競技場
     

浜松市政100周年記念大会と銘打たれた「第8回浜松シティマラソン」に、市橋有里がゲストランナーとして参加しました。

大会には県内を中心に約1万人が参加。市橋は開会のあいさつ、ハーフマラソンの部と5kmの部の表彰プレゼンターを務め、その後行なわれた3kmの部では、参加者とふれあいながら一緒に走り、大会を盛り上げました。

衣笠祥雄が講演で、努力の原動力が偉大な先輩のひとことだったと語りました
衣笠祥雄が講演で、努力の原動力が偉大な先輩のひとことだったと語りました
  • 株式会社オリコオートリース「2012年度KOALA CLUB 全国大会」
  • 2月22日(水)
  • 東京都港区・インターコンチネンタル東京ベイ
     

衣笠祥雄が、株式会社オリコオートリースが組成するコアラクラブ(自動車販売店)会員約150名を対象に講演しました。

「挑戦」「忍耐」「継続」することの大切さをテーマに話をした衣笠は、自身の経験を披露。山内一弘さんという2000本安打を達成し名球会入りしている偉大な先輩から「お前に2000本は無理」と言われたことに非常な悔しさを感じ、いつか見返してやろうと、山内さんの持つ記録だけを目標に、ひたすら努力を続けたと話しました。

また、連続試合出場記録については、怪我をしても出続ける忍耐と継続があったからこそ後で記録がついてきたと話し、聴講された皆さんも熱心に耳を傾けていました。

京谷和幸が大阪でスポーツ指導者、北海道で看護学生、埼玉で中学生に向け講演
京谷和幸が大阪でスポーツ指導者らに講演
  • 「日本障害者スポーツ指導者協議会 近畿ブロック特別研修会」
  • 2月18日(土)
  • 大阪市港区・大阪市中央体育館
     

京谷和幸が、大阪で障害者スポーツの指導者を中心とした参加者に向けて「夢・出会い・感謝」をテーマに講演を行ないました。

事故によりサッカーを奪われた絶望の淵から、パラリンピック日本代表選手に這い上がるまで、どんな出会いがあり、その出会いをどのようにしてチャンスに変えて行ったかなどを話しました。

このセミナーは、午前中は京谷の講演、午後は「2012国際親善女子車椅子バスケットボール大会」の優勝決定戦を観戦するプログラムになっており、参加者は終日車いすバスケットボールを中心とした障害者スポーツに触れ合いました。

京谷和幸が北海道で看護学生に向け講演
京谷和幸が室蘭市長を訪問
  • 市立室蘭看護専門学院講演会
  • 2月23日(木)
  • 北海道室蘭市
     

京谷和幸が、故郷室蘭市にある市立室蘭看護専門学院で、4月から看護師として働き始める生徒を対象に講演会を行ないました。

京谷は、脊髄損傷患者の苦悩や葛藤、またその患者を取り巻く家族との関わりの大切さなどを中心に話しました。

参加者からは、「障害者スポーツの勉強をして、脊髄損傷の患者さんにもできるスポーツを見つけてあげたい」、「京谷さんという存在を患者さんに伝え、夢を持ってもらうきっかけ作りをしていきたい」との感想をいただきました。

翌日は室蘭市長を表敬訪問し、ロンドンパラリンピック出場権獲得の報告と、メダルを持っての再訪問を約束しました。


京谷和幸が埼玉で中学生に向け講演
  • 朝霞市立朝霞第一中学校「人権講演会」
  • 2月27日(月)
  • 埼玉県朝霞市
     

中学生を対象にした講演で京谷は、初めの60分は「夢」をテーマに話し、「今夢がない人はそれでも良い。ただ、今目の前にある勉強やスポーツは、一生懸命がんばって欲しい。そうすればプラスの気を発信するからプラスの出会いが訪れ、それが夢を見つけるチャンスとなっていく」と話しました。

後半の30分は、男子バスケ部5名・女子バスケ部5名とのフリースロー対決を行ない、生徒たちとの交流を深めました。

兵庫市川全国マラソンで鈴木博美がゲストランナー。レース後は優勝者を祝福
兵庫市川全国マラソンで鈴木博美がゲストランナー。レース後は優勝者を祝福
  • 第36回兵庫市川マラソン全国大会
  • 2月19日(日)
  • 兵庫県市川町・市川町スポーツセンター
     

鈴木博美が、「第36回兵庫市川全国マラソン大会」にゲストランナーとして参加。開会式で激励のメッセージを送ったのに続き、3kmと5kmの部に出場し、小学生、中学生をはじめとする多くのランナーに声を掛けながら走りました。

レース後には、5kmの部、10kmの部の全部門優勝者に賞状とメダルの授与を行ない、大会を最後まで盛り上げました。