「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2011年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■10月5日更新
澤野大地がトークショーで世界陸上のエピソードを披露。会場にはポールも登場
澤野大地がトークショーで世界陸上のエピソードを披露。会場にはポールも登場
  • 「健康サポートフェア2011」
  • 9月24日(日)
  • 広島市中区・広島グリーンアリーナ
     

澤野大地がザバス(株式会社明治)が主催するトークショーにゲストとして出演しました。

澤野は、8月末に出場した世界陸上のエピソードや、ザバスの栄養サポートによるメリットについて話しました。

澤野の栄養アドバイザーである村野さんも出演し、澤野の普段の食生活や、世界陸上の選手村で食べていたメニューなど貴重な情報も紹介しました。

また、会場に競技用のポールが登場すると、その長さと迫力に観客の皆さんも驚いている様子でした。

京谷和幸が震災を体験した中学生を前に「その夢!あきらめるな!」と講演
京谷和幸が震災を体験した中学生を前に「その夢!あきらめるな!」と講演
  • 登米市立豊里中学校「人権を考える講演会」
  • 9月30日(金)
  • 宮城県登米市・同校体育館
     

宮城県登米市にある豊里中学校で、京谷和幸が「その夢!あきらめるな!」をテーマに講演しました。

京谷が叶えてきた夢と、その過程で出会ってきた様々な人や出来事、それらに対して感謝することの大切さなどを中心に、90分間話をしました。

途中、原因不明の停電で30分ほどマイクが使えず、拡声器で講演を続けるというハプニングがありましたが、生徒たちは集中力を切らすことなく、しっかりと最後まで京谷の話に耳を傾けていました。

この講演会を企画しているのは登米市役所で、2年連続で京谷を招聘していただきました。担当職員の方は、「去年京谷さんのお話を聞いて、たくさんの生徒たちにも聞かせてあげたいと思ったので、また来ていただきました。特に今年は震災で心に傷を負った生徒も多い。震災に負けず、夢に向かって行動を起こすきっかけとなってくれれば嬉しいです」と話をしていただきました。

山口素弘が講演で、キャプテン経験や世界の指導者に接し感じたことを語りました
山口素弘が講演で、キャプテン経験や世界の指導者に接し感じたことを語りました
  • 「第五回 全国サンアグロ会」
  • 9月29日(木)
  • 東京都千代田区・KKRホテル東京
     

山口素弘がサンアグロ株式会社主催のイベントにゲスト出演し、「リーダーシップと人材育成」というテーマで講演しました。

聴講者の多くが企業経営者であったため、質疑応答では「リーダーにとって最も大切なことは?」、「チーム作りにおいて理想と現実のバランスをどうとるか?」などの質問があがり、山口は現役時代のキャプテン経験や、解説者として世界の指導者を取材して感じたことなどを語りました。

■9月28日更新
京谷和幸が「伝説の新人要請講座」で講演。「出会いを大切に」など力強く
京谷和幸が「伝説の新人要請講座」で講演。「出会いを大切に」など力強く
  • 「伝説の新人養成講座」
  • 9月24日(土)
  • 東京都渋谷区・渋谷東急プラザ
     

渋谷東急プラザで開かれた「伝説の新人養成講座」にて、京谷和幸が講演を行ないました。

新社会人を対象にしたこの講座は、どんな逆風にあっても時代や人のせいにすることなく、自ら進化し続ける人材を育成するために立ち上げられました。

今回の受講者は、大手企業数社から選出された新社会人約40名。京谷は、「スポーツの世界でもビジネスの世界でも、一人の力で成功を掴むことはできない」、「人との出会いを大切にすることでチャンスが生まれてくる」と、60分間力強く話しました。

講演後の質疑応答の時間では、京谷の話をもっと聞きたいと、約30分間も質問の手が挙がり続けました。

受講者の一人は、「ビジネス理論の話が続く中、アスリートの話は大変貴重でした」と話してくださいました。

■9月21日更新
廣道純が中学校で講演。あいさつから始まる大切なものについて話しました。
廣道純が中学校で講演。あいさつから始まる大切なものについて話しました。
  • 心の東京革命推進協議会「あいさつ・ふれあいチャレンジプロジェクト」
  • 9月17日(土)
  • 東京都・国立市立国立第三中学校
     

国立第三中学校で行なわれた「あいさつ・ふれあいチャレンジプロジェクト」にて、廣道純が講師を務め、30分間の講演と、40分間の車いす試乗などの体験プログラムを行ないました。

講演では、車いすレースとの出会い、あいさつから繋がった海外選手とのコミュニケーションについて自らの経験を伝え、ハード面でのバリアフリーやユニバーサルデザインも重要だが、あいさつから始まる心のバリアフリーも重要だと話しました。

体験プログラムでは、全校生徒による上半身だけで床からイスに座り移る体験や、代表者による車いすレースを行ないました。

山口素弘がグランパスの応援イベントでトークショー。OBならではの情報を披露
山口素弘がグランパスの応援イベントでトークショー。OBならではの情報を披露
山口素弘がグランパスの応援イベントでトークショー。OBならではの情報を披露
  • 頑張れグランパス!「OB選手トークショー&握手会」
  • 9月18日(日)
  • 名古屋市南区・イオンモール新瑞橋
     

山口素弘が名古屋グランパスの応援イベント(クイズ大会&トークショー)にゲスト出演しました。

トークショーでは、当日夜に開催される「鹿島アントラーズ vs 名古屋グランパス」を盛り上げるため、名古屋OBの山口と、鹿島OBの本田泰人さんが現役時代のお互いの印象や、現在の両チームの戦力分析などOBならではの情報を披露しました。さらには日本代表時代の裏話なども飛び出し、会場は大変盛り上がりました。

最後は握手会を開催。子どもから長年の名古屋サポーターまで、多くの方が参加してくださいました。

■9月14日更新
尾川智子が保険営業マン400名を対象に講演。プロ活動開始時の営業体験語る
尾川智子が保険営業マン400名を対象に講演。プロ活動開始時の営業体験語る
尾川智子が保険営業マン400名を対象に講演。プロ活動開始時の営業体験語る
  • 「東京海上日動あんしん生命 講演会」
  • 9月9日(金)
  • 東京・THE GRAND HALL
     

フリークライマーの尾川智子が「東京海上日動あんしん生命講演会」にて講師を務めました。

保険営業マンの約400名を対象に、「壁を乗り越えて」というテーマで90分間話をしましたが、会場内は頷いたり、どよめきや笑いが起こったりと、真剣に話を聞く方々の反応で、終始熱気に包まれていました。

聴講者のお一人は、「尾川さんがプロとしての人生の道を決めた時、自分を売り込むために行なったスポンサー活動は、正に営業マンの鏡です。私も今後の営業活動において、粘り強さを見習ってがんばります」と感想を話してくださり、晴れ晴れとした表情をされていました。

エリックが江戸川小学校で2年連続のランニング教室。2年生以上は再会に大喜び
エリックが江戸川小学校で2年連続のランニング教室。2年生以上は再会に大喜び
エリックが江戸川小学校で2年連続のランニング教室。2年生以上は再会に大喜び


  • 「新宿区立江戸川小学校 ランニング教室」
  • 9月10日(土)
  • 東京都新宿区
     

エリック・ワイナイナが新宿区立江戸川小学校でランニング教室を行ないました。

東京都の「スポーツ教育推進校」の指定を受ける同小学校は、2年連続でエリック・ワイナイナにランニングクリニックを依頼。2年生以上の児童は、約1年ぶりに会った喜びを体いっぱいに表現し、炎天下の中一生懸命トラックを駆け抜けました。

司会進行は深山計が担当し、マラソンの話はもちろんの事、エリックの故郷ケニアの話など、児童たちが分かりやすいように説明しました。

わずか1時間ほどの教室でしたが、先生方は、児童たちのランニングフォームが見違えるほど良くなったと驚いていて、間近に迫ったマラソン大会では良い結果が出そうだと、楽しみにしていらっしゃいました。