「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2011年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■8月3日更新
澤野大地が街かど棒高跳で5m50に成功。「世界陸上では自分らしい跳躍できる」
澤野大地が街かど棒高跳で5m50に成功。「世界陸上では自分らしい跳躍できる」
澤野大地が街かど棒高跳で5m50に成功。「世界陸上では自分らしい跳躍できる」
  • 「第11回印西街かど棒高跳」
  • 7月30日(土)
  • 千葉県印西市・イオン千葉ニュータウンショッピングセンター
     

千葉県印西市で行なわれた「第11回印西街かど棒高跳」で澤野大地は8月の世界陸上へ向け好感触をつかみました。

競技開始から5時間後の午後6時30分にようやく最初の試技を迎えた澤野。この日は世界陸上に向けての調整から通常の助走18歩より短い12歩で5m05、5m20、5m35と次々に1回でクリア、途中日没のため急きょライトを点けるというコンディションの中でも5m50を2回目で成功し、詰めかけた約300人の観衆から大きな歓声が沸き起こりました。

閉会式で澤野は、「モナコのダイヤモンドリーグで良い感覚をつかみました。テグの世界陸上では自分らしい跳躍ができると思います」と充実した表情で決意を表明しました。

※「街かど棒高跳」は、澤野の中学時代(印西中)の恩師らが2001年から、棒高跳の普及のため千葉ニュータウン中央の商業施設で始めた公開型陸上競技会。今回は30日の高校生・一般の部32人、8月1日の中学生の部76人がエントリー。同時に「こども棒高跳教室」も開催された。

豊橋こども未来館開館3周年記念イベントで有森裕子展。トークショーに教室も
豊橋こども未来館開館3周年記念イベントで有森裕子展。トークショーに教室も
豊橋こども未来館開館3周年記念イベントで有森裕子展。トークショーに教室も
  • 「こども未来館 開館3周年イベント」
  • 7月26日(火)
  • 愛知県豊橋市・こども未来館
     

愛知県豊橋市の豊橋こども未来館で開館3周年記念イベントのひとつとして「企画展示・有森裕子の世界」「未来を担う子どもたちへ(トークショー)」「有森裕子陸上教室」が行なわれました。

企画展示では、有森の生い立ちからオリンピックでの活躍、社会貢献活動などアニモミュージアムの展示物を中心に構成。

陸上教室では、豊橋市内の中学生75人に対し、館内の芝生広場で走りの基本を伝え、クールダウンは芝生を利用した素足ランニングを行ないました。

山口素弘が「Audi Cup 2011」のパブリックビューイングでトークショー
山口素弘が「Audi Cup 2011」のパブリックビューイングでトークショー
  • 「Audi Cup 2011 パブリックビューイング」
  • 7月29日(金)
  • 東京都渋谷区・Audi Forum Tokyo
     

山口素弘が、「Audi Cup 2011 パブリックビューイング」のイベントにゲスト出演しました。

ドイツで開催されたサッカーのフレンドリーマッチ「Audi Cup」の試合を見ながら、同じくゲストの金子達仁さん(サッカーライター)、西岡明彦さん(MC)とともにトークを展開。

試合は「バイエルン・ミュンヘン vs バルセロナ」という好カードの上、バイエルンへ移籍したばかりの宇佐美貴史選手もフル出場したことからイベントは大盛況となりました。

最後に山口は「今シーズンのヨーロッパサッカーはこれまで以上に日本人選手が多いので、ぜひ注目してほしい」と、会場のサッカーファンに向けてメッセージを送りました。

■7月20日更新
ブラインドサッカーアジア選手権の記者発表で、山口素弘が代表選手にエール
山口素弘がフットサルイベントにゲスト出演。元日本代表ボランチの実力を披露
  • 「Share with FIAT 第4回IBSAブラインドサッカーアジア選手権大会」記者発表会
  • 7月11日(月)
  • 東京都港区・FIAT SPACE
     

山口素弘がブラインドサッカーアジア選手権をPRするための記者発表会にゲスト出演しました。

大会の概要発表後、同じくゲストの名波浩さん(サッカー解説者)、ブラインドサッカー日本代表の落合啓士選手、加藤健人選手とともにトークショーを行ない、以前体験したブラインドサッカーの印象や、日本代表としてプレーすることへの想いなどを語りました。

山口は「選手と話をしていると同じアスリートとして、熱いものを感じる。アジア選手権では100%の力を出せるよう準備してほしいし、僕たちも100%サポートしていきたい」とエールを送りました。

アジア選手権は、2011年12月21日〜25日に宮城県仙台市で開催されます。

■7月13日更新
京谷和幸が福岡県と岐阜県で講演。それぞれで聴講者から前向きな感想
京谷和幸が福岡県と岐阜県で講演。それぞれで聴講者から前向きな感想
  • 篠栗町「社会を明るくする町づくり講演会」
  • 7月7日(木)
  • 福岡県篠栗町・クリエイト篠栗
     

車椅子バスケットボールの京谷和幸が、福岡県糟谷郡篠栗町にて「社会を明るくする町づくり講演会」にて講演を行ないました。

夜の講演会ということもあり、学生〜年配の方まで幅広い年齢層を対象に、「夢・出会い・感謝」をテーマとして90分間熱弁を振るいました。

聴講者の中に、高校生の時に骨髄腫と診断されてサッカーができなくなった境遇の方がいて、帰りの駅のホームまで見送りに来ていただき、「京谷さんのお話しを聞いて感激しました。前向きに生きて行くための力をくださいました」と、感謝の言葉を頂きました。

京谷和幸が福岡県と岐阜県で講演。それぞれで聴講者から前向きな感想
  • 中津川青年会議所「7月度例会」
  • 7月10日(日)
  • 岐阜県中津川市・中津川文化会館
     

岐阜県中津川青年会議所主催の例会で京谷和幸が講演を行ないました。

座談会形式で行なわれ、通常よりも聞き手が近い状況の中での講演となったため、参加していた子どもたちに「夢を持っているか?」「相手に感謝する気持ちを伝える方法は?」などと会話をしながら講演を進めて行きました。

参加者の感想の一部をご紹介します。

●今までの講演の中で一番引き込まれました。過去にビッグネームの方が多数来てくれたのですが講演内容は私の中で一番良かったです。

●自分の家族にも聞かせてあげたかった。市民が少なかったことが残念。より多くの人に聴かせたい話です。パラリンピックが終わったらまた来て話を聴かせて欲しいです。

●子供たちの輝いてた目が印象に残った。練習も大切ですが、こういう話を聴かせる事の方が今の子供には必要だと感じました。

●聴いた全ての人が障害者として頑張ってる京谷さんでなく、一人のスポーツ選手京谷和幸の顔晴っている姿に共感したと思います。

●他の青年会議所仲間にも中津に来た京谷和幸選手の講演は最高だったと自慢して紹介できます。

元NFLチアリーダー齋藤佳子が都内でプロチアクラス
元NFLチアリーダー齋藤佳子が都内でプロチアクラス
  • プロチアクラス(経験者向け)
  • 7月1日(金)
  • 東京都文京区茗荷谷
     

齋藤佳子が一時帰国の際に行なう経験者向けのプロチアクラス。今回も7月1日に第1回が行なわれました。

通常の練習ではなかなか時間の取れない、ピケ、ピルエット、ジュッテなどのテクニックに時間をたっぷり取り、プロチアクラスならではのフィールド向けクロスフロア、最後にNFLスタイルの振付けをレクチャー。

簡単な動きでもいかにダイナミックに見せるか、ヘアフリップ、個々の癖の矯正など1時間半余すことなく、熱い指導が続きました。
プロチアクラスは7月中にあと3回、実施する予定です。

■7月6日更新
エリックが札幌ドームでの6時間リレーマラソンでゲスト
エリックが「6時間リレーマラソンin札幌ドーム」にてゲスト
  • 北ガスグループ「6時間リレーマラソンin札幌ドーム」
  • 7月3日(日)
  • 札幌市豊平区・札幌ドーム
     

札幌ドーム開業10周年記念して「北ガスグループ6時間リレーマラソン」が開催され、エリック・ワイナイナがゲストとして登場しました。

大会は、1チーム2〜10名で構成されたチームが、6時間で何キロ走れるかを競うもので、 約7,000名のランナーが参加しました。

当初エリックは、サイン会・トークショー・表彰式のプレゼンター役で出演予定でしたが、本人も走りたくてうずうずしてしまい、サプライズでテレビ北海道アナウンサーチームの一員として急きょ出場!他チームのランナーをごぼう抜きして、会場を大いに盛り上げました。

閉会式では、「本当におもしろい大会でした。次回は6時間を私一人で走ります!」と高らかに宣言しました。

市橋有里が「八戸ちびっこマラソン」のゲスト。男女12部門のレースに参加
市橋有里が「八戸ちびっこマラソン」のゲスト。男女12部門のレースに参加
市橋有里が「八戸ちびっこマラソン」のゲスト。男女12部門のレースに参加
  • 「ユニバースカップ2011 第11回八戸ちびっこマラソン」
  • 7月3日(日)
  • 青森県八戸市・東運動公園陸上競技場
     

「第11回八戸ちびっこマラソン」に市橋有里がゲストランナーとして参加しました。

震災からの復旧なった八戸市東運動公園で行なわれたこの大会は、小学1年生から6年生まで1123人が出場、市橋は各学年の男女12部門すべてのレースで子どもたちと一緒に走り、全員とふれあいました。

市橋は「得意な子も苦手な子も一生懸命走っている姿に感動しました。全部門の参加者と一緒に走ることができて良かったです」と話していました。

12カテゴリー全てを走るのは市橋にとっても少し大変だったようで、昨年ゲストを務めたエリックもそうでしたが、軽い筋肉痛になったようです。

大会の感想を本人もブログで報告していますので、そちらもご覧ください。