「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2010年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■7月7日更新
秋田県鹿角市で尾川智子が夢先生。新しいことを取り入れ子どもたち生き生き
秋田県鹿角市で尾川智子が夢先生。新しいことを取り入れ子どもたち生き生き
  • 「JFAこころのプロジェクト 夢の教室」で夢先生を担当
  • 6月22日(火)
  • 秋田県鹿角市・市立八幡平小学校
     

尾川智子が、JFA(日本サッカー協会)の「夢の教室」で、秋田県鹿角市立八幡平小学校の5年1組と5年2組の子どもたちを対象に、午前と午後それぞれ授業を行ないました。

グループでの目標を達成するゲームや競争でチームワークを体験したあとに、映像を交えた「夢授業」を行ないました。

尾川は、自身のブログでこの授業を様子を報告していて、JC青年の船「とうかい号」の洋上研修(研修の様子はこちら)で学んだことを取り入れ、子どもたちがより積極的に授業に参加してくれたという手応えを感じているようです。授業の詳細や、生き生きとした子どもたちの写真も掲載されていますので、ぜひご覧ください。

■6月23日更新
尾川智子が洋上研修で講師。9日間600名の人との時間は濃密なものに
尾川智子が洋上研修で講師。9日間600名の人との時間は濃密なものに
  • 第37回JC青年の船「とうかい号」洋上研修
  • 6月5日(土)〜13日(日)
  • 名古屋港〜サイパン〜名古屋港
     

日本青年会議所東海地区協議会が主催するJC青年の船「とうかい号」の洋上研修に、尾川智子が講師の一人として参加しました。

サンバン寄港地活動や硫黄島慰霊式典などに参加しつつ、「真の国際人育成プログラム」と「人生を歩む力」という2コマの研修を担当しました。

9日間、400名の受講生と200名のJC会員の皆さんとの時間は、とても濃い内容で、たくさんのことを吸収できたようです。

研修の様子は、本人のブログにレポートがありますので、そちらもぜひご覧ください。

与田剛が、岐阜県でトークショー&野球教室。与田の速球に子どもたちは喚声
与田剛が、岐阜県でトークショーと野球教室。与田の速球に子どもたちは喚声
  • 瑞浪市トップアスリート交流事業「与田剛・トークショー&野球教室」
  • 6月19日(土)
  • 岐阜県瑞浪市・瑞浪市民体育館、瑞浪市民野球場
     

与田剛が瑞浪市のトップアスリート交流事業で、小学生高学年と中学生の約100名を対象にしたトークショーと野球教室を行ないました。

トークショーでは、自身の少年時代やプロ野球選手時代のエピソードをもとに、上達するために自分で考えて日々の練習を工夫することや、目標を持ち、あきらめないで努力し続けることの大切さを伝えました。

野球教室では、基本となるキャッチボールのポイントを伝えた後、投手を中心に正しい投げ方を教えました。教室の最後に、与田自身がピッチングを披露すると、子供たちは、その速球に声を上げて驚いていました。

京谷和幸が栃木県の県民の日に講演会。聴講した生徒さんからの感想を掲載
京谷和幸が栃木県の県民の日に講演会。聴講した生徒さんからの感想を掲載
  • 東京女子医科大学看護系同窓会 講演会
  • 6月12日(土)
  • 東京都千代田区・アルカディア市ヶ谷
     

京谷和幸が、看護師の方約100名を対象に「出会いに感謝!〜元Jリーガーの挑戦〜」をテーマに講演し、サッカー、妻、事故、車椅子バスケの4つの「出会い」についての話を中心にこれまでの体験を話しました。


  • 小山西高等学校「県民の日」記念講演会
  • 6月16日(水)
  • 栃木県小山市・同校第一体育館

小山西高等学校の講演会に招かれた京谷和幸は、生徒と地元の方々約500名を対象に「その夢、あきらめるな!」というテーマで話をしました。
講演後に、生徒の皆さんが送ってくださった感想を抜粋して紹介します。

 ・京谷さんはすごく気持ちの強い人だと思います。それからすごく負けず嫌いな方だと思いました。「自分に負けたくない」という気持ちが伝わってきました。私も強い気持ちであきらめずにやりたいことをやっていきたいです。

 ・「無理か無理じゃないかはおまえが決めることじゃない」という言葉が印象に残りました。

 ・考え方の変化→行動→結果→修正 を部活動に生かしていこうと思う。

 ・夢に向かってまっすぐ頑張った京谷さんは素晴らしいと思いました。そして、その京谷さんを支えていた周りの人も素晴らしいなと思いました。私も身近なことから目標をたてて、夢に向かって頑張りたいと思いました。常に前向きにいこうと思いました。

小関竜也が世田谷の小学校で講演。講演後には子どもたちとキャッチボール
小関竜也が世田谷の小学校で講演。講演後には子どもたちとキャッチボール
  • 世田谷区立旭小学校「道徳授業地区公開講座」
  • 6月22日(火)
  • 東京都世田谷区
     

小関竜也が、世田谷区立旭小学校の道徳授業地区公開講座で、4〜6年生の児童約200名と保護者の方々約60名を対象に講演を行ないました。

講演の前には、各学級の道徳の授業を見て回り、子供たちが真剣に授業を受ける姿を見学。講演では、常に夢や目標を持ち、現状に満足せず努力してきたから、プロ野球選手になり、活躍できたと話し、夢を持つことの素晴らしさ、夢に向かって一生懸命努力する過程の大切さなどを伝えました。

講演後には、校庭で子供たちとキャッチボールをしたり、一人ひとりのサインに応じるなど、触れ合いを楽しみました。

■6月16日更新
山口素弘と小村徳男が新スパイク体感イベントに参加。ピッチで躍動!
山口素弘と小村徳男が新スパイク体感イベントに参加。ピッチで躍動!
山口素弘と小村徳男が新スパイク体感イベントに参加。ピッチで躍動!
  • 「ミズノフットボール2010年秋冬新製品体感会&ビクトリークリニック」
  • 6月8日(火)
  • 横浜市西区・横浜みなとみらいスポーツパーク
     

山口素弘小村徳男が、アドバイザリー契約を結んでいるミズノ社の新製品体感イベントに参加しました。

イベントは、販売店スタッフの方々に新スパイクを体感してもらうことが目的で、コンセプトは「サッカー部」。参加者は、新製品を履き、元日本代表の二人と、1対1の勝負やセンタリングからのシュートなど、部活さながらのトレーニングメニューをこなしました。

最後にはミニゲームも行ない、ワールドカップに出場したアスリートの強さと上手さも体感しました。

ヨーコゼッターランドが「職場における人材育成」をテーマに講演
ヨーコゼッターランドが「職場における人材育成」をテーマに講演
  • 「危険物安全週間 足立危険物安全管理実務講習会」
  • 6月11日(金)
  • 東京都足立区内
     

ヨーコゼッターランドが、東京消防庁足立消防署の特別救助隊による訓練風景を視察した後、自身のバレーボールの経験を基に、「職場における人材育成」というテーマで講演をしました。

選手を育てるためには、普段からコミュニケーションを密にして、選手の性格や日々のコンディションの変化を把握し、その都度対応を変えて接する必要があり、これは職場においても同様であると伝えました。

また、相手を信頼して接することも重要で、粘り強く信じて、face to faceのコミュニケーションを続けることによって、必ず熱意は伝わり、部下は育っていくと語りました。

山口素弘が講演会で、決してエリートではなかった選手時代について話しました
エリックがわかさあじさいマラソンでゲストランナー。サイン会には長蛇の列
  • 日本木造住宅産業協会神奈川支部「平成二十二年度通常総会」
  • 6月11日(金)
  • 横浜市西区・横浜国際ホテル
     

山口素弘が「逆境を乗り越えて」という演題で講演しました。

エリートと思われがちなサッカー歴ですが、実は高校、大学と希望の進学先に進むことができず苦しんだこと、横浜フリューゲルス消滅決定後の天皇杯優勝、J2(当時)のアルビレックス新潟では、満足な練習場もない環境でキャプテンとしてチームを牽引し、J1昇格を勝ち取ったことなど、苦しい状況でも常に前向きに取り組むことで、必ず結果が出ることを伝えました。

また当日は、南アフリカワールドカップの開幕日だったこともあり、日本代表への期待や、自身が出場したフランス大会の経験なども語り、参加者は興味深く聞き入っていました。

■6月9日更新
市橋有里が福井県の丸岡城下を元気に走破!優勝者には監修本の進呈も
市橋有里が福井県の丸岡城下を元気に走破!優勝者には監修本の進呈も
市橋有里が福井県の丸岡城下を元気に走破!優勝者には監修本の進呈も
  • 第5回記念坂井市古城マラソン
  • 6月6日(日)
  • 福井県坂井市・丸岡町日本陸連公認コース
     

福井県坂井市の丸岡城近辺で開催され、合併による市の誕生前から数えて30回目となる坂井市古城マラソンで、市橋有里がゲストランナーを務め、10kmの部に参加しました。

沿道の応援にハイタッチしながら、また、ランナーに励ましの声援をかけながら、元気に走りぬきました。

ゴール後は、表彰式のプレゼンターをつとめ、10qの部の優勝者2名には自身がランニング監修を務めた『ゆるゆるランニングマップ@東京』をプレゼントしました。

エリックがわかさあじさいマラソンでゲストランナー。サイン会には長蛇の列
エリックがわかさあじさいマラソンでゲストランナー。サイン会には長蛇の列
エリックがわかさあじさいマラソンでゲストランナー。サイン会には長蛇の列
  • 第6回わかさあじさいマラソン
  • 6月6日(日)
  • 福井県若狭町・野木小学校スタート・ゴール
     

福井県若狭町で「第6回わかさあじさいマラソン」が行なわれ、エリック・ワイナイナがゲストランナーとして参加しました。

親子ファミリーの部(2km)からハーフマラソンまで約2500人が参加したこの大会、エリックは開会式での挨拶、スターター、10kmの部出場、ゴール地点でのランナーの出迎え、表彰式、サイン会を兼ねた『ハッピーBESTランニング』の販売と大忙しでした。

サイン会は長蛇の列となりましたが、終始笑顔で応えていました。