「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2010年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■6月2日更新
山口素弘が「柱谷哲二の闘将トーク」に出演。代表への熱い想いを語りました
山口素弘が「柱谷哲二の闘将トーク」に出演。日本代表への熱い想いを語りました
  • 柱谷哲二の闘将トーク『TETSU CAFE』
  • 5月28日(金)
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷・SAMURAI BLUE CAFE
     

山口素弘がサッカー日本代表を応援するために誕生した「サムライブルーカフェ」でのトークイベント“柱谷哲二の闘将トーク『TETSU CAFE』”に出演しました。

共演は日本代表として共に闘った柱谷哲二さんと、日本代表チームを長年取材しているスポーツライターの増島みどりさん。

現役時代、長年キャプテンを務めてきた二人から見た今の日本代表に足りないもの、ワールドカップで期待することなど、日本代表への熱い想いを語ったほか、日本代表時代のエピソードもたくさん披露し、満員の会場を沸かせました。

エリックと猫ひろしさんがゲストランナー。新緑の錦秋湖畔を駆け抜けました
エリックが19日と22日にイベント参加。どちらもエリックvsリレーで盛り上がり
エリックが19日と22日にイベント参加。どちらもエリックvsリレーで盛り上がり
  • 「第30回河北錦秋湖マラソン」
  • 5月30日(日)
  • 岩手県西和賀町・西和賀町役場湯田庁舎前スタート/ゴール
     

岩手県の錦秋湖湖畔で開催された「第30回河北錦秋湖マラソン」で、エリック・ワイナイナとタレントの猫ひろしさんがゲストランナーを務めました。

大会前日の29日(土)に、仙台駅を出発したマラソン列車に乗車し、参加者の皆さんと触れ合いながら現地入りしたエリックは30kmの部に出走。猫ひろしさんは10qの部に出走し、約2000人のランナーとともに沿道の応援に応えながら、新緑の錦秋湖畔を駆け抜けました。

■5月26日更新
エリックが19日と22日にイベント参加。どちらもエリックvsリレーで盛り上がり
エリックが19日と22日にイベント参加。どちらもエリックvsリレーで盛り上がり
エリックが19日と22日にイベント参加。どちらもエリックvsリレーで盛り上がり
  • ニューバランス「Running Holiday 2010 Spring」
  • 5月19日(水)
  • 東京都江戸川区・江戸川区陸上競技場
     

エリック・ワイナイナがウェア、シューズサポートをして頂いているニューバランスジャパンの社員の皆さんのスポーツ大会に出席してきました。

千葉真子さんのランニングアドバスの後、チーム対抗のリレーが行なわれ、エリックは8000メートルを1人で走り、楽しい時間を過ごしました。






  • 「ハッピーランニング クリニック」
  • 5月22日(土)
  • 東京都新宿区・江戸川小学校
     

ベストカー主催の「ハッピーランニング」イベントに、エリック・ワイナイナが参加しました。 会場となった江戸川小学校の生徒さん、保護者と、エリックの著書『ハッピーランニング』の読者、約80名の参加者に、「腕振り、腰を落とさないフォーム」など、正しいランニングフォームを指導しました。

エリックは、「“きれいに、かっこよく”走るには、笑顔も大切!」と声をかけながら指導し、参加者の皆さんは楽しそうに練習していました。

イベントの最後には、1チーム13人で1人1周(約100m)ずつ走る校庭周回駅伝(3チームが出場)を行ない、エリックは1人で13周を走って競走し、大変盛り上がりました。

佐藤真海が主に公務員の方々を対象に講演。前向きに生きる力を伝えました
佐藤真海が主に公務員の方々を対象に講演。前向きに生きる力を伝えました
  • 地方公務員等ライフプラン協会「ライフプラン講演会」
  • 5月18日(火)
  • 東京都千代田区・ルポール麹町
     

金融機関、地方公務員、総務省の方々中心に約150名を対象に、佐藤真海が講演しました。「夢を跳ぶ 〜命を輝かせる生き方〜」と題して、元気と前向きに生きる力を伝えました。

講演後のアンケートでは、「佐藤さんの大変密度の濃い人生に感動しました」「ハンディを背負っていても、前向きな、自分に対する厳しさに感動」「有意義な内容で時間が足りないように思われました」など、9割の方々が良かったと回答してくださり、障がい者スポーツへの理解も深めていただけたようです。

京谷和幸が都内で薬剤師800名を前に講演しました
京谷和幸が都内で薬剤師800名を前に講演しました
  • 「公認スポーツファーマシスト認定基礎講習会」
  • 5月23日(日)
  • 東京都江東区・東京ビッグサイト
     

日本アンチ・ドー東京都江東区・東京ビッグサイトピング機構が主催する「公認スポーツファーマシスト認定基礎講習会」で、800名の薬剤師を対象に、京谷和幸が講演しました。

普段、スポーツやアスリートとの関わりが少ない皆さんに、どのように活動しているかを話し、また、選手として薬剤師さんが身近いることは心強いという話をしました。

講習終了後には、たくさんの方々から声をかけられ、サインや握手を求められていました。

上山容弘が社会人1年生を前に講演。これまでの歩みや競技について話ました
上山容弘が社会人1年生を前に講演。これまでの歩みや競技について話ました
  • 江崎グリコ株式会社 新入社員向け講演会
  • 5月12日(水)
  • 大阪市西淀川区・江崎グリコ本社内
     

上山容弘(インテリジェンス)が、栄養サポートを受けている江崎グリコ株式会社の新入社員向けに講演を行ないました。

生い立ちやオリンピックまでの道のりを映像も交えて話し、トランポリン競技自体についても映像を使って説明しました。

質疑応答でもたくさんの発言があり、活気のある会となりました。

■5月19日更新
篠宮龍三が溝畑観光庁長官と対談。観光庁が沖縄での世界選手権のサポーターに
篠宮龍三が溝畑観光庁長官と対談。観光庁が沖縄での世界選手権のサポーターに

5月12日(水)、観光庁の溝畑宏長官と篠宮龍三が対談しました。篠宮は自身がオーガナイザーを務め、6月30日から開催される「フリーダイビング世界選手権2010沖縄」について説明し、長官は観光庁が沖縄大会のサーポーターとなることを約束してくれました。具体的なサポートの内容については、後日発表される予定です。

対談の様子を本人がブログにアップしていますので、そちらもご覧下さい。⇒篠宮龍三オフィシャルブログ また、「フリーダイビング世界選手権2010沖縄」については公式サイトをご覧下さい。⇒AIDAフリーダイビング世界選手権2010沖縄公式サイト

■5月12日更新
東京ヤクルトのパラリンピック選手応援Dayでライツメンバーバッテリーが始球式
東京ヤクルトのパラリンピック選手応援Dayでライツメンバーバッテリーが始球式
東京ヤクルトのパラリンピック選手応援Dayでライツメンバーバッテリーが始球式
  • 東京ヤクルトスワローズ「パラリンピック選手応援Day」
  • 5月2日(日)横浜ベイスターズ戦
  • 神宮球場
     

5月2日の東京ヤクルトスワローズ対横浜ベイスターズの試合は、パラリンピック選手応援Dayとして開催されました。これは、スワローズの館山昌平投手により発案され、館山投手による招待で、バンクーバーパラリンピック出場選手50名(同伴者含む)が来場し、スワローズ選手との交流や始球式を執り行なうほか、球場正面において展示ブースや義足・車椅子体験コーナーを設置するというものでした。

試合前の挨拶と始球式を行なったのは、バンクーバーパラリンピックアイススレッジホッケーで銀メダルを獲得した上原大祐で、捕手は川本良平選手と、ライツメンバーによるバッテリーが実現しました。上原が投じたボールはツバクロウに当たり、乱闘となり、会場を盛り上げました。 また、5回の攻防のあと、スタンドで応援していた佐藤真海がインタビューを受け、「神宮球場は早稲田大学の時にチアリーダーとして応援していた思い出の場所」と話をしました。

今回のパラリンピック選手応援Dayを発案した館山投手は次のようにコメントしています。
「パラリンピックは開催されるたびに世界中から注目を集めますが、障害を持った方のスポーツはもっともっと、スポーツとして身近に感じられるべき存在です。『同じアスリートとしてスポーツの素晴らしさをもっと伝えていきたい。』そんな想いがあり、今回のパラリンピック選手応援デー』を発案しました。僕たちプロ野球選手と同じく、パラリンピアンの方々も多くの子ども達に感動と勇気と与えてくれています。スポーツの力で感動や勇気を与え続けているパラリンピック。ぜひ今回を機に注目してください」

市橋有里が八戸うみねこマラソンで5年ぶりにゲストランナー。市民ランナーと交流
市橋有里が八戸うみねこマラソンで5年ぶりにゲストランナー。市民ランナーと交流
市橋有里が八戸うみねこマラソンで5年ぶりにゲストランナー。市民ランナーと交流
  • 第29回八戸うみねこマラソン全国大会
  • 5月9日(日)
  • 青森県八戸市・八戸水産公社前スタート/ゴール
     

漁港が会場となって、うみねこの舞う五月晴れの下で開催された第29回八戸うみねこマラソンは、予定をはるかに上回る過去最多の5800人のランナーがエントリーしました。

ゲストランナーの市橋有里は、3km、5qに出場し、コース上をいったりきたりして走りながら、子供たちや一般参加者と触れ合いました。

その後、ハーフ&10kmの参加者を応援しに、コース上にて、ハイタッチをしたり、“あと少し!マイペースでがんばって!”など、笑顔で大きな声をかけていました。

5年前にもゲストランナーとして招待された市橋は、「うみねこが舞う会場の風景も人の温かさも5年前と変わらず、参加人数だけが増えたという嬉しい悲鳴もある、そんな、懐かしくて海風が気持ち良い大会でした」と感想を話していました。

なお、この模様は本人ブログにも掲載されておりますので、ご覧ください。

ヨーコがウォーキングイベントでゲスト。正しい歩き方やシューズの選び方を指導
ヨーコがウォーキングイベントでゲスト。正しい歩き方やシューズの選び方を指導
  • 「ヨコハマ・ワールド・ウォーク2010」
  • 5月5日(水祝)
  • 横浜市西区・横浜みなとみらいスポーツパーク
     

「ヨコハマ・ワールド・ウォーク2010」にヨーコゼッターランドがゲスト出演しました。

一般参加者の方々に向けて、ウォーキング前のストレッチや正しい歩き方、シューズ選びのポイントなどを伝え、最後は一緒にウォーキングもして運動することの楽しさを伝えました。

日本サッカーミュージアムのイベントで、山口素弘が熱心なファンに笑顔で応対
日本サッカーミュージアムのイベントで、山口素弘が熱心なファンに笑顔で応対
  • 日本代表FIFAワールドカップメンバーサイン会
  • 5月9日(日)
  • 東京都文京区・日本サッカーミュージアム
     

日本サッカーミュージアムで開催された「日本代表FIFAワールドカップメンバーサイン会」に山口素弘が参加しました。

約100名のファンが集まり、色紙だけでなく、日本代表のユニフォームや、山口が所属していた横浜フリューゲルス、アルビレックス新潟のグッズを持参する方もいて、熱心なサポーターファンの参加に山口も喜んでサインや写真撮影に応じました。