「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2009年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■7月22日更新
君原健二が初夏の北海道標津町で楽しくランニング教室、熱く講演会。
君原健二が初夏の北海道標津町で楽しくランニング教室
君原健二が初夏の北海道標津町で熱く講演会
  • 標津町「ランニング教室&青少年健全育成講演会」
  • 7月14.15日(火.水)
  • 北海道標津町・町営スケート場、標津町文化ホール
     

男子マラソン銀メダリストの君原健二が、北海道の標津町でランニング教室と講演会を行ないました。

14日は小中高生と一般愛好者30人を対象にしたランニング教室。6人一組で先頭になった人は後続のペースに合わせて走る“リーダーシップ走”、アイマスクをつけて視覚障害者の気持ちと伴走者を体験する“思いやり走”、マラソンにまつわるクイズを出題し、不正解者は200mダッシュする“クイズdeランニング”など、オリジナルメニューで楽しく走ることを学んでもらいました。

ランニング教室の翌日は、小、中、高校生とその保護者約400人を対象に、「ゴール無限」という演題で講演しました。劣等感のかたまりだった小学生時代、陸上と出会った中学生時代、高校から実業団、東京五輪までを熱い語り口で、「目標」「個性を生かす」「スポーツは生きる力」をキーワードにわかりやすく話しました。

体操JAPAN CUPのエキシビションで上山容弘が華麗に大技披露。観客も好反応
体操JAPAN CUPのエキシビションで上山容弘が華麗に大技披露。観客も好反応
  • 「体操JAPAN CUP 2009」
  • 7月18.19日(土.日)
  • 千葉市美浜区・幕張メッセ
     

千葉の幕張メッセで開催された体操JAPAN CUP2009の中で、上山容弘(インテリジェンス)がトランポリンの演技を披露しました。

競技規定をアレンジし、10回連続ジャンプと3回転を3連続という大技を行ない、超満員の体操ファンから、大きな歓声と大きな拍手を浴びました。

本人も、演技をしながら観客の好反応を感じたようで、ブログで「トランポリンでは行わないような大きな会場で演技出来たことを嬉しく思います」とコメントし、「トランポリンもいつかこんな大きな会場で」と本音を覗かせています。

ヨーコが埼玉でバレー指導。NTCでは次代担う選手たちにメディアトレーニング
ヨーコが埼玉県宮代町でバレー指導
ナショナルトレーニングセンターでは次代担うアスリートにメディア指導
  • ミズノ ヴィクトリークリニック「バレーボールクリニック」
  • 7月5日(日)
  • 埼玉県宮代町・宮代町総合運動公園内メインアリーナ
     

ヨーコゼッターランドが、約100名の中学生と家庭婦人を対象にトークショーとクリニックを行ない、クリニックでは、ボールを使ったウォーミングアップやトス、サーブの基礎を中心に指導しました。

質問コーナーでは、レシーブがうまくできないと悩んでいる方に丁寧にコツを教え、きれいなボールが返せるようになった時は大きな拍手が起こるなど、熱気あるクリニックとなりました。



  • JOCエリートアカデミー生向け「メディアトレーニング」
  • 7月13日(月)
  • 東京都北区・味の素ナショナルトレーニングセンター
     

日本オリンピック委員会(JOC)のエリートアカデミーに所属するアスリート向けに行なわれたメディアトレーニングの講師を、ヨーコゼッターランドが担当しました。

レスリング、卓球、フェンシングのトップ選手18名(中学1年〜高校1年生)に、取材を受けることの必要性や、取材対応の際に意識しなければならないことなどを伝えました。

アメリカ代表時代にメディアトレーニングを受けた経験や、スポーツキャスターとしての立場から語るヨーコの言葉に、選手たちは熱心に聞き入り、セミナー終了後も積極的に質問する選手の姿が印象的でした。

■7月8日更新
ゴールドコーストマラソンのゲストとして、有森裕子がセミナーやサイン会に活躍
有森裕子がゴールドコーストマラソンのゲスト。大会前日はモーニングラン
有森裕子がゴールドコーストマラソンのゲスト。当日は5kmチャレンジ
  • ゴールドコーストマラソン:マラソンセミナー、サイン会、モーニングラン、5kmチャレンジ
  • 7月3〜5日(金〜日)
  • オーストラリア/ゴールドコースト
     

ゴールドコーストマラソンに参加する日本からのツアーのゲストとして、有森裕子が今年も様々なイベントに参加しました。

まず到着初日(3日)は、マラソンセミナーをアシックスの島田さんとのトークショー形式で行ないました。毎年恒例のツアーですが、マラソンセミナーを実施するのは初めてで、70〜80人ほどが熱心に耳を傾けていました。内容は、主にマラソン当日までの過ごし方や、食べ物についてなど、マラソンビギナーに役立つものでした。

その後は、アシックスブースにてサイン会。有森は100人以上の参加者に励ましの言葉をかけながらサインをしていました。参加者の中にはリピーターも多く、「今回は距離を伸ばしました!」「去年は応援だったけど、今年は短い距離で参加します!」「初マラソンがんばります!」といった声も聞こえてきました。

2日目(4日)の朝は、ビーチ沿いのコースに100人以上が集まり、賑やかにモーニングランを行ないました。最初にストレッチを行ない、ゆっくり走り出して20〜30分ジョギングしました。最後は砂浜に下りて、島田さんとともに、丁寧にストレッチを指導しました。

レース当日(5日)、有森は5kmチャレンジに出場しました。日本から参加した親子に声をかけながら3km、残り2kmはランニングでゴールしました。その後は、ジャパンブースでサイン会を行ない、主に5kmからハーフまでを完走した参加者たちと触れ合いました。

佐藤真海が子どもたちに「お友達の目をみてあいさつをしましょう」とメッセージ
佐藤真海が子どもたちに「お友達の目をみてあいさつをしましょう」とメッセージ
  • 東京都「あいさつ運動チャレンジプロジェクト」
  • 7月3日(金)
  • 東京都中野区・中野区立多田小学校
     

スポーツを通じてあいさつの推進を図ることを目的とした『あいさつ運動チャレンジプロジェクト』が中野区の小学校で開催され、佐藤真海がゲスト出演しました。

苦しいことを乗り越えた話や義足での実演を行ない、「大切なお友達の目をみてあいさつをしましょう」とメッセージを伝えました。

パラリンピックに関連した○×クイズやじゃんけんゲームでは、子供たちから大きな歓声があがり、みんな楽しんでいるようでした。最後には全校児童からあいさつソング『あいさつは魔法の力』の合唱のプレゼントがあり、佐藤自身も元気をもらった一日となりました。

イベントの様子は、本人がブログ「mami's Diary」で報告していますので、そちらもご覧ください。

京谷和幸が各地で計1500名以上を前に講演。福岡では車いすバスケ体験指導も
京谷和幸が各地で計1500名以上を前に講演。福岡では車いすバスケ体験指導も
京谷和幸が各地で計1500名以上を前に講演。MDRT日本会では別会場に中継
上山容弘が都内で2日続けてイベント出演。柏市の安全大会では500名超
  • NHK福岡放送局「チャンピオンからのメッセージ」
  • 6月29日(月)
  • 福岡市城南区・市立片江中学校
     

NHK福岡放送局が主催する市内の中学校でのイベントに京谷和幸が出演しました。全校生徒を対象にした、NHK福岡の宮田アナウンサーとのトークショーの後、1年生を対象に車いすバスケットボール体験を行ないました。

バスケットボール体験では、地元の福岡リミッツの選手の皆さんに協力してもらって3対3を行ない、迫力あるプレーを生徒たちに披露。そのあと、生徒にも車いすのリレーやランニングシュート、ミドルシュートを体験してもらい、最後には5対5の試合を行なう充実したものとなりました。


  • 大和ハウス工業(株)柏支店・大和ハウス工業関東地区協力会柏支部合同「安全大会」
  • 7月2日(木)
  • 千葉県柏市・さわやかちば県民プラザ
     

聴講者が500名を超えて満席となり、通路に座り込んで聴講する方もいる中で講演した京谷は、『出会い』を特に強調し、車いす生活との出会いで感じた「考えが変わると行動が変わる。行動が変わると結果(未来)が変わる」という考えを話しました。

そして、講演の最後を締めくくる言葉として「夢をかなえるための最高のアイテムは“出会い”」と、伝えました。


  • MDRT日本会「神奈川ブロック夏の研修会」
  • 7月3日(金)
  • 横浜市戸塚区・東戸塚教育センター

定員480名の会場に入り切れなかった会員の方が、別の場所でモニターで聴くという2会場総勢700名での講演会となりました。

「その夢あきらめるな!〜夢の実現のための様々な出会い〜」という演題で、MDRT日本会の今年のテーマ「信念」について、「夢を持ち続けることの大切さ」「夢実現のための様々な出会い」「人生の素晴らしさ」「信念を持ち続けることの大切さ」を京谷の経験をもとに話しました。

梅村礼が3年連続地元で卓球講習会。実践的な練習を中心に約3時間
梅村礼が3年連続地元で卓球講習会。実践的な練習を中心に約3時間
  • 「文化シヤッター卓球講習会 in 札幌」
  • 7月4日(土)
  • 札幌市中央区・札幌中島体育センター
     

札幌中島体育センターで、梅村礼卓球講習会を開催しました。文化シヤッターの協賛で行なわれている講習会は今年で4年目を迎え、先月大阪に続き今回が第2弾となりました。梅村の故郷札幌では3年連続の開催で、女性一般愛好者44名が参加。講習会は全日本選手権3連覇の西飯美幸さんをゲストに迎え実践的な練習を中心に約3時間汗を流しました。

講習会の様子を本人もブログ「AYAS TAGEBUCH」に綴っていますので、そちらもご覧ください。

また、当日会場で答えきれなかった質問には、スポーツコミュニティサイト「アスポタ」のコミュニティ「あやぞーの卓球質問箱」で答えていきますので、そちらもチェックをお願いします。