「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2009年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■4月8日更新
上山容弘が府中市のイベントで、満開の桜をバックに美しく跳躍
上山容弘が府中市のイベントで、満開の桜をバックに美しく跳躍
  • 阪急百貨店イングス館 トーク&ランニングクリニック
  • 3月28日(土)
  • 大阪府豊中市・服部緑地公園
     

府中市民桜まつりのイベント会場で、上山容弘(インテリジェンス)によるトークショー・実演・トランポリン体験教室が行なわれました。
心配された天気も晴天に恵まれ、トランポリンの実演が始まる前から体験希望者の列ができました。トランポリンの周りにもたくさんの人たちが集まってきて、実演ではたくさんの桜をバックにトランポリンを跳び、その美しさに大きな歓声が上がっておりました。

なお、本人のブログ「上山容弘のトランポリンブログ」にもこのイベントについてレポートされていますので、ぜひご覧ください。

■4月1日更新
オリンピック・パラリンピック招致イベントが都内各地で連日開催!
新宿でのオリンピック・パラリンピック招致イベントに廣道純出演
日の出町のトークショーには原田裕花、京谷和幸が出演
佐藤真美は江東区の小学生650名を前にトークショー
  • 「新宿発 オリンピック・パラリンピックを楽しもう!」
  • 3月28日(土)
  • 東京都新宿区・新宿駅、歌舞伎町
     

新宿駅東口ステーションスクエアと歌舞伎町シネシティ広場で行なわれたトークイベントに廣道純(TDKラムダ)が出演し、共演の千葉真子さん、吉本興業のお笑い芸人ショウショウさんとともに「2016年にオリンピック・パラリンピックを東京で」と街いく方々に呼びかけていました。


  • 日の出町「オリンピック・パラリンピック招致トークショー&映画鑑賞会」
  • 3月29日(日)
  • 東京都西多摩郡・日の出町公民館
     

日の出町では、車椅子バスケをテーマにした映画の鑑賞会を兼ねてのトークショーが行なわれ、原田裕花京谷和幸、五十嵐圭選手(日立サンロッカーズ)の3人がそれぞれの体験をもとにオリンピック、パラリンピックへの思いを話しました。トークショーのあとには、京谷がプレーを披露し、五十嵐選手も車椅子からのシュートにチャレンジ(見事に成功!)したり、参加者の中からも何人か体験してもらうなど、車椅子バスケへの理解を深めてもらいました。
なお、イベントの司会進行は、深山計が担当しました。

また、原田、京谷がともに、自身のブログでこのイベントについて書いていますのでぜひご覧ください。
原田裕花オフィシャルブログ「いつも笑顔で」
京谷和幸オフィシャルブログ「Kyoya Style」


  • 江東区「オリンピック・パラリンピック選手ふれあいまつり」
  • 3月30日(月)
  • 東京都江東区・深川スポーツセンター 大体育室
     

佐藤真海と朝原宣治さんが出演した江東区の「オリンピック・パラリンピック選手ふれあいまつり」には、春休み中の区内の小学生650名以上が参加しました。深山計の進行でトークショーが行なわれ、「小学生の頃の話」「陸上をはじめたきっかけ」「オリンピック、パラリンピックの裏話」などについて話しました。

トークのあとは、佐藤が競技用義足に履き替えて走りを披露し、朝原さんから走り方やバトンの受け渡しのレクチャーがあり、小学校対抗のミニバトンリレーを行なって盛り上がりました。最後には急きょ朝原→佐藤→山崎江東区長というバトンリレーも行ないました。

エリックが初マラソンから2大会連続メダルを獲得するまでのエピソードを披露
エリックが初マラソンから2大会連続メダルを獲得するまでのエピソードを披露
  • 阪急百貨店イングス館 トーク&ランニングクリニック
  • 3月28日(土)
  • 大阪府豊中市・服部緑地公園
     

阪急イングスのトーク&ランニングクリニックにエリック・ワイナイナが出演しました。40分ほどのトークショーでは、駅伝王国日本にいながら、単独ですべてを賭けるマラソンを走るための努力についてや、初マラソンからオリンピックのメダリストとなり、さらに2大会連続メダルを獲得するまでのエピソードなどを話しました。

後半は約30名のランナーにアドバイスをしたあと、豊中市服部緑地公園内でエリック対抗ミニマラソンを行ないました。

■3月25日更新
東京マラソンEXPO2009の各ブースでライツメンバーがトークショーなど大活躍
東京マラソンEXPO2009の各ブースでライツメンバーがトークショーなど大活躍
アシックスブースではデューク更家がラジオ風トーク
ニューバランスブースでエリックがランナーにアドバイス
東京メトロブースは小出監督の“東京メトロ道場”で盛況
  • 東京マラソンEXPO2009
  • 3月19日(木)〜21日(土)
  • 東京都江東区・東京ビッグサイト
     

19日、昨年に続いてEXPOのオープニングセレモニーに出席しテープカットなどを行なった有森裕子は、20日と21日の2日間、メインブースでのトークショーをはじめ、アシックス、スーパーヴァーム(明治乳業)、スワンズ(山本光学)などのスポンサーブースでトークショーや握手会などを精力的に行ないました。

デューク更家は19日、アシックスブースにてラジオ風トークショー「DUKE'S EYE」に出演しました。ラジオ局風DJブースで、デューク更家が感じている東京マラソンの魅力などを話し、来場しているランナーにもオススメのエクササイズを、効果やポイントを交えてわかりやすく伝えました。 対象がランナーということで初めてデュークズウォークを体験される方も多かったようで、1分で身体が温まって硬さが取れ、足に力が入ってしっかり地面を蹴りだせるエクササイズを体験した参加者の方々からは「え〜?!ホントだ〜!」と驚きの声もあがっていました。

20日の祝日には、ニューバランスブースで、2日後の本番で男子エリートの部に出場するエリック・ワイナイナのトークショーが行なわれました。湘南ベルマーレトライアスロンチームヘッドコーチ中嶋靖弘さんとのトークで、東京マラソンにかける思いやレース前日までの調整方法、レース当日のウォーミングアップ、食事、給水などについて話しました。

レース前日の21日には、東京メトロブースで「東京メトロ道場」と題し、小出監督による東京マラソン攻略法を、映像とトークショーで展開しました。 トークショーでは深山計が司会を務め、東京メトロサイト内で事前に行なったアンケートとリンクするかたちで、直前攻略法を伝授しました。多くのランナーが、真剣な面持ちで監督の話に聞き入っていました。

マラソン祭りでオリンピアン宮本和知とパラリンピアン佐藤真海が一緒にダッシュ!
マラソン祭りでオリンピアン宮本和知とパラリンピアン佐藤真海が一緒にダッシュ!
  • 東京大マラソン祭り2009「ストリートスタジアム」
  • 3月22日(日)
  • 東京都江東区・有明イーストプロムナード
     

東京マラソン2009の開催に併せ、コース沿道において様々なパフォーマンスでランナーを応援するイベント「東京大マラソン祭り2009」が行なわれました。

宮本和知佐藤真海はトップアスリートによるエキジビジョンやトークショーが行なわれる「ストリートスタジアム」に出演しました。会場に設置された60mトラックで佐藤が競技用の義足の説明し、トラック脇につめかけたファンの目の前で宮本と一緒に走るなど、パフォーマンスを披露しました。

浜松で親子1200名を前に上山容弘がトランポリンのデモンストレーション
浜松で親子1200名を前に上山容弘がトランポリンのデモンストレーション
  • 「ぴょんぴょんトランポリン」
  • 3月20日(金祝)
  • 浜松市東区・浜松アリーナ
     

浜松市体育協会主催の「ぴょんぴょんトランポリン」が開催され、上山容弘(インテリジェンス)が模範演技を行ないました。

幼児から小学生を対象とした体験会の募集には、定員600人のところ1000人の応募があったとのことで、当日も親子で来場した1200名の方々が上山の演技に見入っていました。
午前午後の2回の実演を行なった上山は、体験会に参加した子供たちとの記念撮影に応じ、「これからもトランポリンを楽しんでください」と話していました。

企業研修でなでしこの佐々木監督が「11の指導理念」を伝えました。
企業研修でなでしこの佐々木監督が「11の指導理念」を伝えました。
  • 野村證券株式会社「平成21年度第一回インストラクター研修会 基調講演」
  • 演題:「なでしこ流人材育成術」
  • 3月13日(金)、17日(火)
  • 野村證券 高輪研修センター
     

4月に入社する新入社員を現場で指導をするインストラクターの方々に向けて「なでしこジャパン」の指導経験で培った“佐々木流”の指導法を話しました。

1年後、数年後にどのような人材に育てるのかをイメージすることが大切で、忍耐力を持って指導することがとても重要であると話しました。また、状況が厳しい時に自分自身で状況判断できるクリエイティブな人材を育てることの重要性について話し、常に考え、相手に問いかけながらが指導すること。時には厳しく叱ることもしなければならないが、感情をぶつけるのではなく、相手も想い、情熱を持って接することが大切であるなどと話し、「11の指導理念」を新人インストラクターの方々へ伝えました。

■3月18日更新
京谷和幸が舞台挨拶、講演会、握手会と大忙しの週末。ブログで感謝
京谷和幸が映画「パラレル」の初日舞台挨拶
京谷和幸が川崎市で講演会
京谷和幸が映画のノベライズ本の握手会に出演
  • 映画「パラレル」初日舞台挨拶
  • 3月14日(土)
  • 東京都新宿区・新宿シネマート
     

京谷和幸夫妻の実話を元にした映画「パラレル」が公開初日を迎え、主演の要潤さん、島谷ひとみさん、武藤監督とともに京谷夫妻も舞台挨拶を行ないました。

「僕たちは特別なことをしてきたとは思っていません。前にあるものを一つ一つ乗り越えてきて、一生懸命ひたむきに生きてきただけです。この映画を見てくださった方が少しでも前向きな気持ちになって頂ければ嬉しいです」と挨拶しました。

オフィシャルブログ「Kyoya Style」では、舞台挨拶の感想とともに、映画制作に関わった全ての方々への感謝を述べています。


  • 川崎青年会議所講演会
  • 3月15日(日)
  • 川崎市幸区・川崎市産業振興会館
     

「その夢!あきらめるな!〜未来が僕らを呼んでいる〜」というテーマで講演した京谷は、夢に「真剣」に向き合ってきたこと、「夢」「出会い」「感謝」の大切さについて話をしました。この日のブログでは「映画公開日の次の日とあって、ちょっと気合いが入りましたよ!」と振り返っています。

  • 『パラレル 京谷和幸の物語』京谷和幸・島谷ひとみ握手会
  • 3月15日(日)
  • 東京都中央区・福家書店銀座店
     

川崎での講演会のあとには、「パラレル」ノベライズ本である『パラレル 京谷和幸の物語』出版を記念しての握手会が行なわれ、映画で妻役を演じた島谷ひとみさんとともに出演しました。島谷さんのファン、京谷のファン、多くの方が訪れ、約1時間、言葉を交わしながら握手をしていました。

ブログでは、「一人一人に笑顔で対応する島谷さんを見て、これが本物のプロだと思いました。勉強させられました」と綴り、「みなさんから、“陽だまりのような、温もり”をいただきました!」とこの日出会った方々への感謝を表わしています。

堺市のスポーツフェスティバルでヨーコ&原田裕花が子どもたちを指導
堺市のスポーツフェスティバルでバレーボールの指導をするヨーコゼッターランド
堺市のスポーツフェスティバルでバスケットボールの指導をする原田裕花
  • 「スポーツフェスティバル in 堺」
  • 3月14日(土)
  • 堺市北区・金岡公園体育館
     

子どもたちがサッカー、テニスなど様々なスポーツを体験できる「スポーツフェスティバル in 堺」にて、ヨーコ ゼッターランドがバレーボール教室、原田裕花がバスケット教室を担当し、それぞれ午前中は初心者、午後は経験者を対象に指導しました。

ヨーコは「できないと思ってもチャレンジする」、「移動の時は駆け足で」など約束事を決め、約2時間半の楽しい中にも厳しさのある指導をしました。親御さんも間近で見学し、終了後にはサインと写真を求める行列ができるなど、大盛況の教室となりました。

原田は、午前は基本を中心にバスケを楽しんでもらうための指導をし、午後は基本から始まり、ゲームで活かせる技術を指導しました。最後に「少しでもバスケを楽しんでもらい、この中からオリンピック選手が誕生することを願ってます!」とメッセージを送りました。

■3月11日更新
千駄木マラソン大会でゲストの宮本和知が、小学3、4年生と一緒にスタート!
千駄木マラソン大会でゲストの宮本和知が、小学3、4年生と一緒にスタート!
千駄木マラソン大会でゲストの宮本和知が、小学3、4年生と一緒にスタート!
  • 第25回千駄木マラソン大会
  • 3月8日(日)
  • 東京都文京区・文京区立第八中学校
     

オリンピックムーブメント事業の一環である第25回千駄木マラソン大会に、ロサンゼルスオリンピック(野球)金メダリストの宮本和知がゲストランナーとして参加し、大会には史上最多となる約800人のランナーが集いました。

宮本は開会式でオリンピアンとして挨拶をし、「2016年に東京でオリンピックをするためには、地元の皆さんの盛り上がりが必要です!」と訴えました。
その後はスターターを務め、つめかけた多くのファンの声援を受けながら、小学生(3・4年)の部で伴走しました。終始子供たちに励ましの声をかけたり、サインや質問に応じたりととても和やかな大会になりました。

尾川智子が“夢先生”に。体育館でチームワークゲーム、教室で夢授業
尾川智子が“夢先生”に。体育館でチームワークゲーム、教室で夢授業
  • 「JFAこころのプロジェクト 夢の教室」
  • 3月5日(木)
  • 品川区・城南第二小学校(6年2組)
     

「JFAこころのプロジェクト」で尾川智子が“夢先生”となってサッカーの試合と同じ90分間の授業を行ないました。
安永聡太郎さんにアシスタントをして頂き、体育館でチームワークゲームを行なったあと、教室で写真やDVDを使いながら、自分の経験と夢について話をしました。

子どもたちからは「夢をあきらめないでチャレンジすることの大切さを知りました」「ゆめに向かってがんばります」というメッセージを頂きました。

ヨーコが埼玉県北川辺町で「総合型地域スポーツクラブへの期待」を話しました
ヨーコが埼玉県北川辺町で「総合型地域スポーツクラブへの期待」を話しました
  • 北川辺町スポーツ・レクリエーション団体講演会
  • 演題:「総合型地域スポーツクラブへの期待」
  • 3月7日(土)
  • 埼玉県北川辺町・生涯学習センター
     

地域の様々な年齢層の人々が、スポーツを通して、健康で明るく豊かな生活を送ることを目指す総合型スポーツクラブの実現とその発展について、ヨーコ ゼッターランドが自身のアメリカでの経験を交えながら講演を行ないました。

誰もが気軽に参加できて、地域への帰属意識が育まれるように、住民が主体的・自主的にクラブを運営する。そして住民の心のよりどころとなったり、自己のアイデンティティー創出につながったりするクラブが理想だと話しました。

また、子どもたちがスポーツをする環境として、のびのび楽しくスポーツができるだけでなく、厳しい練習や競争、プレッシャーといった苦しい状況を経験できることも、人として成長し、社会の中で生きていくためには大切なのではないかと伝えました。

植田監督が講演で日本代表チームを固めるために実際に取った手法を紹介
植田監督が講演で日本代表チームを固めるために実際に取った手法を紹介
  • 東京海上日動火災保険株式会社「社員向けセミナー」
  • 演題:「責任は結果により果たされプロセスにより決まる」
  • 3月7日(土)
  • 東京・銀座
     

「目標達成のために意識改革をできる講演を」との依頼を受け、植田辰哉監督が20〜30代を中心とした労働組合員を対象に講演を行ないました。

「初めて代表監督に就任した頃、チームのための考え方ができない選手が多かった」というエピソードから、組織を固めるために実際に行なった手法について、資料を用いて時折笑いを交えながら紹介しました。

現実的に可能な中長期の目標をイメージし、そのために現実的な指針と達成時期を設定することや、結果も重要だがそれ以上にプロセスが大切で、「諦めなければ終わらない。必ず続きがある」と伝えました。

体操競技のトップ選手が集まったイベントで、上山容弘も実演&体験指導
 体操競技のトップ選手が集まったイベントで、上山容弘も実演&体験指導
  • 「みんな未来のアスリート in 有明」
  • 3月8日(日)
  • 東京都江東区・有明スポーツセンター
     

2016年オリンピック・パラリンピック招致イベントが有明スポーツセンターで行なわれ、上山容弘(インテリジェンス)が、トランポリンの実演と体験指導を行ないました。

このイベントでは、体操競技の鉄棒・鞍馬・平行棒の実演を日体大体操部の方々が行ない、鉄棒では北京オリンピックで銀メダルを獲った内村選手の実演もあり、トップ選手の演技に集まった600名の方々は息を呑んで見学していました。 実演終了後、200名の子どもたちがそれぞれの競技を体験し、初めてのトランポリンの感触を楽しんでいたようです。

小出監督が、個々に合った接し方や言葉のかけ方、目標のもたせ方などを披露
 小出監督が、個々に合った接し方や言葉のかけ方、目標のもたせ方などを披露
  • 郵便局株式会社中国支社「中国ファイナリストステージ'08基準突破者会議」
  • 3月4日(水)
  • 広島市中区・リーガロイヤルホテル広島
     

郵便局株式会社中国支社の社員約260名に向けて、小出監督が「夢・挑戦への実現」というテーマで講演しました。

それぞれ性格の違う選手を育成してきた小出監督が、選手に合った接し方や言葉のかけ方、目標のもたせ方など紹介し、監督自身の夢の実現に向けた取り組み方や、心の持ち方もお話しました。
ざっくばらんでわかりやすい内容に、講演後にはたくさんの拍手をいただきました。

■3月4日更新
篠山ABCマラソンで山田幸代初フルマラソン完走!有森、市橋は20kmゲストラン
篠山ABCマラソンで山田幸代初フルマラソン完走!有森、市橋は20kmゲストラン
篠山ABCマラソンで山田幸代初フルマラソン完走!有森、市橋は20kmゲストラン
  • 第29回篠山ABCマラソン大会
  • 3月1日(日)
  • 兵庫県・篠山城跡三の丸広場スタート/ゴール(篠山城跡マラソンコース)
     

兵庫県篠山市で恒例の篠山ABCマラソンが行なわれ、有森裕子(9回目)、市橋有里(昨年に続き2回目)、山田幸代(初出場)の3人がゲストランナーとして参加しました。

フルマラソンのみのこの大会で、有森と市橋は20kmを走ったあとに参加者を応援。山田は初マラソンに挑戦し、故障明けの脚の不安も生来の負けず嫌いで“だれも予想しない”4時間台での完走!ゴールで待ち受けた両親と涙の対面をしました。


ABCテレビが毎年テーマを決めて1時間番組を制作しているこの大会、今年のテーマは女性の「人生」「夢」「目標」でした。大会前日の2月28日に篠山市内で行なわれた収録では、夫婦漫才のかつみ・さゆりのさゆりさんのリードで3人が爆笑トーク。3人とも違ったキャラクターが出て、番組プロデューサーが1回だけの放送ではもったいないと言うくらい面白い内容になりました。

放送は、ABCテレビで3月8日(日)16:30〜17:25、CSのスカイ・A sports+では3月14日(土)12:00〜12:55と21日(土)20:00〜20:55です。

大南博美がゲストランナーとして励まし自分も元気に!「東京マラソン頑張ります」
大南博美がゲストランナーとして励まし自分も元気に!「東京マラソン頑張ります」
  • 碧南市市制60周年記念市民駅伝大会
  • 3月1日(日)
  • 愛知県碧南市・水族館北駐車場発着5区間24.7km
     

碧南市市制60周年記念市民駅伝の一般の部にゲストランナーとして大南博美(トヨタ車体)が出場しました。

ランナーに励ましの声をかけながら5区間すべてを1人で走り切り、表彰式ではプレゼンターも務めました。挨拶では「楽しみならが走ることができました。参加者の皆さんが一生懸命走られているのを見て元気をもらいました。東京マラソン頑張ります!」と話し、本人にとってリフレッシュになりいい刺激にもなったようです。

中山竹通が視覚障害者京都マラソンでゲスト。3種目すべてを力走!
中山竹通が視覚障害者京都マラソンでゲスト。3種目すべてを力走!
  • 第26回視覚障害者京都マラソン
  • 3月1日(日)
  • 京都市右京区・西京極総合運動公園陸上競技場とその周辺
     

西京極陸上競技場とその周辺道路を走る視覚障害者京都マラソンで、中山竹通がゲストランナーを務めました。

3km、10km、1kmの全種目約150組のランナーが集う中、中山はスターターとして号砲を鳴らすと、最後尾からスタートしてゴールまでには先頭のランナー付近まで追い付くというスタイルで3種目すべてを走り抜きました。途中追い抜くランナーには励ましの声をかけたり、ゴールした後にも、最終ランナーと併走したりして大会を盛り上げました。

パラリンピック銀メダリストの山本篤が、アテネ五輪銀メダリスト山本博先生とトーク
パラリンピック銀メダリストの山本篤が、アテネ五輪銀メダリスト山本博先生とトーク
  • TOKYO●2016フォーラム「みんなのオリンピック」飯田市スポーツ少年団大会
  • 3月1日(日)
  • 長野県飯田市・飯田勤労者体育センター第1センター第1体育館
     

長野県飯田市で行なわれた「みんなのオリンピック」で、山本篤(スズキ)が、アーチェリーの山本博先生とのトークショーを行ないました。

競技用義足を着けてのデモンストレーションでは、子どもたちがその走りを食い入るように見ていて、主催者の方からも「たくさんの子どもたちに喜んで頂くことができたようです。山本篤さんには実際に走って頂き、子どもたちはパラリンピックに興味を持ってくれた様子でした」とメッセージをいただきました。