「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2008年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■7月2日更新
片山梨絵が多くの自転車ファンを前にマウンテンバイク日本代表として挨拶
多くの自転車ファンを前にマウンテンバイク日本代表として挨拶する片山梨絵
  • サイクルフェスタ'08
  • 6月26日(木)
  • 会場:東京ドーム
東京ドームで行なわれたサイクルフェスタ'08には、自転車競技のオリンピック代表選手とパラリンピック代表選手が勢ぞろいし、多くの自転車ファンに紹介されそれぞれが抱負を語りました。マウンテンバイク女子クロスカントリー代表の片山梨絵(SPECIALIZED)も「クロスカントリーはコースによって得意不得意がありますが、北京のコースはどちらかというと得意なコースです」と力強くコメントしました。
また、前日の25日には、オリンピック出場選手として、現在住んでいる相模原市長を表敬訪問し、競泳平泳ぎの末永雄太選手とともに、市長の激励を受けました。表敬訪問の様子は片山梨絵のブログ「RIDE! RIE! RIDE!」をご覧ください。
各年代、各チームでキャプテンを務めた原田裕花が伝えたチームワークの重要性
原田裕花がチームワークの重要性を伝えました
  • SCIXスポーツ・インテリジェンス講座
    『支えあう仲間の大切さ』〜本当のチームワークとは何か〜
  • 6月21日(土)
  • 会場:大阪市北区・毎日インテシオ
約60名の指導者を目指している方々に向けて、自身の経験を元にトークショー形式での講座を行いました。小学校から日本代表まで、すべてのチームでキャプテンを務めた経験から、チームワークを高めるために意識してきたことを中心に話しました。
実業団、日本代表で若くしてキャプテンに任命されたもののチームの成績が上がらず苦悩した日々、それを乗り越えてリーグ優勝やアジア大会でメダルを獲得するまでの過程。 膝の大怪我を乗越えてオリンピック出場を果たした際のチームメイトからの支えなど、具体的なエピソードを交えてチームワークの重要性を伝えました。
原田裕花のプロフィール
■6月25日更新
梅村×樋浦、トップ選手とのドリームマッチに参加43組86人が満足
梅村×樋浦、トップ選手とのドリームマッチに参加43組86人が満足
梅村×樋浦、トップ選手とのドリームマッチが実現
  • 梅村礼&樋浦令子選手の卓球講習会
  • 6月23日(月)
  • 名古屋市中区・愛知県体育館
6月23日(月)愛知県体育館で梅村礼(文化シヤッター) と樋浦令子選手 (タイコウハウス) の卓球講習会を開催しました。
今回は、女性のみのダブルス講習会で愛知県内の43組86人が参加。30歳代〜70歳代までと幅広い年齢層でしたが、全員が梅村・樋浦組と対戦できるとあって大変な盛り上がりでした。特定の参加者だけが講師と対戦し、大多数の参加者はそれを見るだけという「講習会」が多い中、梅村の過去の経験から文化シヤッターの講習会だけは全員がプレーできるシステムで実施していますが、今回は器(愛知県体育館)の大きさと地元からの要望でダブルス講習会となったものです。
午前10時30分から午後1時までの第1部ではメイン台で全組が梅村・樋浦と対戦。(並行して参加者同士の対戦を23台で実施)当初1セットマッチの予定でしたが、梅村の絶妙の時間調整で2セットまで消化。昼食後の第2部はトークショー形式の質疑応答を実施、技術面から精神面まで多くの質問に答えることが出来ました。ダブルス限定の講習会が少ないため参加者の満足度はかなり高かったようで、来年も開催して欲しいとの声が相次ぎました。
■6月18日更新
SAIKOロードレース初のゲストランナーとして市橋有里が富士山麓を快走!
市橋有里がSAIKOロードレースで富士山麓を快走!
  • SAIKOロードレース
  • 6月15日(日)
  • 山梨県富士河口湖町・西湖周回道路
山梨県富士山麓の西湖周辺コースを走るSAIKOロードレースに、市橋有里がゲストランナーとして参加しました。地元の小学生や一般参加者と一緒に4kmの部を走り、ゴール後は一緒に写真撮影したり、レース終了後の抽選会でくじ引きをしたりと、大会初のゲストランナーとして、盛り上げました。
シドニー銀メダルコンビの安藤、山が小中学生にソフトボール指導&トークショー
シドニー銀メダルコンビの安藤、山が小中学生にソフトボール指導&トークショー
安藤、山が小中学生にソフトボール指導&トークショー
  • トップアスリート派遣指導「トークショー&ソフトボール教室」
  • 6月14日(土)
  • 岐阜県瑞浪市・瑞浪市民体育館
安藤美佐子(湘南ベルマーレ)・山樹里(豊田自動織機)の銀メダルコンビが、瑞浪市の小中学生約100名を前にトークショーを行ない、その後はソフトボール教室で指導しました。
トークショーでは、努力し続けること・目標を持つことのの大事さを語り、参加した子どもたちからはたくさんの質疑が寄せられました。
ソフトボール教室では、ボールを使って遊びながら体を動かしたり、投げることの“基本”を中心に、わかりやすく指導しました。また、二人のデモンストレーションには、その“凄さ”に参加者全員が唖然としてました。
金哲彦が北京オリンピック女子マラソンの見どころを語りました。
金哲彦が北京オリンピック女子マラソンの見どころを語りました。
  • 共同通信メディア局主催講演会
  • 6月10日(火)
  • 東京都港区・共同通信社 汐留メディアタワー
共同通信社の民放契約社東京支社長を対象として講演で、金哲彦が「北京五輪女子マラソンのみどころ」を語りました。金メダル争いのポイント、日本女子の連続メダルはあるのか、気になる大気汚染対策は…などなど解説者ならではの鋭い視点と、丁寧な解説をしました。
また、今までの大会の裏話として、給水所で日本だけが魔法瓶のボトルを使用しており、いつでも冷たいドリンクを提供していたということを紹介していました。
■6月11日更新
JAPAN STARSのメンバーとして山口素弘が出場。2度の登場で盛り上げに一役
JAPAN STARSのメンバーとして山口素弘が出場
  • TAKE ACTION! 2008 『+1 FOOTBALL MATCH』
  • 6月7日(土)
  • 横浜市港北区・日産スタジアム
元プロサッカー選手の中田英寿さんが呼びかけ人となって開催されたTAKE ACTION! 2008『+1 FOOTBALL MATCH』に、JAPAN STARSのメンバーとして山口素弘が出場しました。
このイベントは、地球上に環境や貧困、
教育など、様々な問題があふれているなかで、私たちひとりひとりが地球の未来について、真剣に考えるきっかけを作るために開催されました。この試合こそが、世界から集ったサッカー選手たちの「なにかできることひとつ」。プレーを通して、世界に目を向けて、地球の未来に関心を持ってもらいたいという意味が込められています。
スタジアムには6万3,000人の大観衆が集まり、「JAPAN STARS」、「WORLD STARS」のプレーに会場も沸きました。山口も中田氏との連携プレーなどで、現役さながらのプレーをみせました。一度ベンチに下がったものの、再度招聘され、試合に出場する一幕もあり、大いに盛り上がりました。
タック川本が経営者層に講演。「ライバルがいるからこそ成長できる」
タック川本が経営者層に講演。「ライバルがいるからこそ成長できる」
  • フリーフレーム協会・フィットフレーム
    協会総会にて講演
  • 6月6日(金)
  • 墨田区・東武ホテルレバント東京
フリーフレーム協会・フィットフレーム協会総会で、ベースボールアナリストのタック川本が「メジャーリーグに学ぶ経営学」と題し講演しました。
コミュニケーションを円滑にするために必要なことを伝えたり、「ライバルがいるか
らこそ成長できる」と、ライバルを敵ではなく“自分自身を成長させてくれるもの”と思うことの大事さを伝えました。最後は「人生にコールド負けは無い!」と、何事にも絶対に諦めない姿勢が大切ということを話し、講演を締めくくりました。

ヨーコゼッターランドが中学バレー部とママさんチームを熱血指導!
ヨーコゼッターランドが中学バレー部とママさんチームを熱血指導!
  • 九十九里町スポーツ教室
  • 6月8日(日)
  • 九十九里小学校体育館
千葉県九十九里町に招かれたヨーコゼッターランドが、午前中は県大会に出場する中学バレー部を、午後はママさんバレーチームを指導しました。中学生に対しては、時には厳しく指導。全ての練習において、それが試合を決める最後の1点だと思ってプレーするようにと、ひとつひとつのプレーを大切にして練習に取り組むよう伝えました。予定時間終了後も、スパイクの指導をお願いされ、快くかつ熱く指導。オリンピックメダリストの熱血指導に会場は盛り上がりました。

全国消防職員の熱いプレゼンにヨーコゼッターランド感動!
全国消防職員の熱いプレゼンにヨーコゼッターランド感動!
  • 全国消防職員意見発表会
  • 6月6日(金)
  • 江東区有明・東京ビッグサイト
全国の消防職員から選抜された8名が消防業務に関しての意見をプレゼンテーションする 「全国消防職員意見発表会」 の審査員をヨーコゼッターランドが務めました。
消防職員の方々の熱いプレゼンテーションに感動し、順位をつけるのが本当に難しいと語っていました。