「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2008年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■6月4日更新
上山容弘が国際競技大会優秀者として文部科学大臣賞を受賞!
上山容弘が国際競技大会優秀者として文部科学大臣賞を受賞!
  • 文部科学大臣表彰 表彰式
  • 5月30日(金)
  • 文部科学省第二講堂
国際大会で活躍した選手や指導者をたたえる文部科学省のスポーツ功労賞顕彰、国際競技大会優秀者表彰の表彰式が行なわれ、国際競技大会優秀者としてトランポリンの上山容弘(インテリジェンス)が受賞しました。競技者では他に、モーグルの上村愛子選手、フィギュアスケートの浅田真央選手、スピードスケートの加藤条治選手、フェンシングの淡路卓選手の4人が受賞し、トランポリンの指導者として山本宣史さんが受賞しています。
宮本和知と石井さとこが福島医療専門学校の健康セミナーでアドバイス
宮本和知が柔整科・鍼灸科受験の高校生にアドバイス
石井さとこが歯科衛生士志望の学生にアドバイス
  • 福島医療専門学校「健康セミナー」
  • 5月31日(土)
  • 福島県・郡山市民文化センター
スポーツコメンテーターとして活躍する宮本和知が、柔整科・鍼灸科受験の高校生を前に自身の現役時代の体験に基づき、スポーツトレーナーの重要性を話しました。単にマッサージや鍼灸をするだけではなく、アスリートとの人間関係が一番大切ということを伝え、メンタルトレーナーの資格を取得した経験を元に、“目標設定”の重要性やポジティブ思考の大切さを伝えました。
審美歯科ドクターの石井さとこは、歯科衛生士科への進学を考えている学生に向けて講演し、審美歯科の専門分野で活躍する歯科衛生士の仕事内容や必要性を審美歯科医の立場から伝えました。また、講演後に学生や先生からの質問なども多く受け、学生との交流が生まれていました。
■5月28日更新
梅村礼が荻村杯ジャパンオープンで上々の解説者デビュー!
梅村礼が荻村杯ジャパンオープンで上々の解説者デビュー!
  • ITTF卓球プロツアー2008ジャパンオー
    プン
  • 女子シングルス準々決勝
  • 5月24日(土)
24日、梅村礼(文化シヤッター)がJ-sports ESPN(スカパー!300ch)の卓球中継「ITTF卓球プロツアー2008ジャパンオープン」で解説を務めました。女子シングルス準々決勝の2試合を担当し、いずれの試合もカードの割にはストレート勝ちと
いう一方的なもので、解説するには難易度が高い試合となりましたが、自分の経験を元に落ち着いて話していました。
番組の担当プロデューサーも、「わかりやすく初めてとは思えない出来だ」と合格点を出していました。4選手とも過去に対戦したことのあるトップ選手だったことで、よりわかりやすい解説になっていたようです。
有森裕子が大学生に向け“あきらめず、目標にむかう意義”を語りました
宮本和知が故郷・山口県で新入社員向けに講演
  • 筑波大学キャリア支援トークショー・
    NHK大学セミナー
  • 5月14日(水)
  • 茨城県つくば市・筑波大学大学会館ホ
    ール
NHK大学スポーツセミナーのトークショーに有森裕子が出演しました。このセミナーはNHK水戸放送局が筑波大学と協力して、学生を対象に開催したもので、『世の中にたった一人しかいない自分の生き方
にこだわること』や『二度とやってこない一瞬一瞬を精一杯生きること』など、有森自身の信条を学生のみなさんへメッセージを送りました。90分のトークショーの後は、学生の皆さんからの質問に、ひとつひとつ思いを込めて答えました。
なお、このトークショーを聴いた学生の皆さんの感想をアップしていますので、ご一読ください。
尾川智子が映像や写真を駆使し、「夢先生」の授業を行ないました
尾川智子が映像や写真を駆使し、「夢先生」の授業を行ないました
  • JFAこころのプロジェクト「夢先生」
  • 5月23日(金)
  • 千葉県鎌ヶ谷市立東部小学校
JFAこころのプロジェクト「夢先生」として、尾川智子が千葉県鎌ヶ谷市の東部小学校を訪問し、6年生を対象に授業を行ないました。 DVDや写真パネルを駆使して授業を行ない、夢を持つこと、実現するために努力することの大切さを話しました。子供たちは、壁や岩を登る映像に圧倒されながら話を聞いていました。
■5月21日更新
プロラグビーレフリー平林泰三がトレーナーの卵に向け講演
プロラグビーレフリー平林泰三がトレーナーの卵に向け講演
  • YMCメディカルトレーナーズスクール
    新宿校オープンスクール
  • 5月14日(水)
  • 新宿区西新宿
トレーナーを目指す方々に向けて、平林泰三が約1時間講演をしました。前半はプロレフリーとして活躍する現在までの過程を話し、後半はこれまでに出会ったトレーナーの話を中心に、良いトレーナーの条件を伝えました。
「余計なことを話さない」、「他のアスリートの話をしない」など平林が考える良いトレーナーの条件を具体的にあげると、聴講者はメモをとり、現役トップアスリートの言葉を興味深げに聴いていました。
宮本和知が故郷・山口県で新入社員向けに講演
宮本和知が故郷・山口県で新入社員向けに講演
  • 岩崎宏健堂親和会 平成20年度新入
    社員歓迎会
  • 5月15日(木)
  • 山口県徳山市・ホテルサンルート徳山
スポーツコメンテーターとして活躍している宮本和知が、出身地山口県の企業である株式会社岩崎宏健堂の新入社員の方々に対し、講演をしました。自身の現役時代の話やメンタルトレーニングの資格を取得した経験を元に、“目標設定”の重要性やポジティブ思考の大切さを伝えました。
■5月14日更新
山口素弘が柏崎で「夢先生」。夢を持つことの大切さを話しました
山口素弘が柏崎で「夢先生」。夢を持つことの大切さを話しました
  • JFAこころのプロジェクト「夢先生」
  • 5月9日(金)
  • 新潟県柏私立日吉小学校
JFAアンバサダーを務めている山口素弘が、JFAこころのプロジェクト「夢先生」として柏崎市立日吉小学を訪問しました。
5、6年生を対象に「夢」を持つことの大切さについて授業を行ない、小学校5年からサッカーを始め、高校受験では希望の学校へ進むことができず、プロ選手になっ
た後もケガに悩まされ、夢であったW杯出場までの様々な苦労や、壁にぶつかってきた経験談を話し、「苦しいことや悲しいことはたくさんあったけど、失敗しても夢があったから逃げなかったし、諦めなかった。皆も夢に向かって努力してほしい」とメッセージを伝えました。
校舎には昨年起きた新潟県中越沖地震の被害の爪あとがまだ至るところにありましたが、被害が大きかった地域とは思えないほど元気で素直な子供たちの姿に「こちらの方が勇気付けられた」と話していました。
有森裕子がシンガポールのアスリートたちに英語で講演
有森裕子がシンガポールのアスリートたちに英語で講演
  • 「Team VISA Mentor Program」
  • 5月5〜7日(月〜水)
  • シンガポール
5月5〜7日、有森裕子は「Team VISA Mentor Program」の講師としてシンガポールを訪れました。メインプログラムであるセミナーが6日、ナショナルミュージアムで行なわれ、シンガポールの現役アスリート10数人(バドミントン、射撃、ボートの北京五輪代表選手、パラリンピック代表選手、2010年にシンガポールで開催される第1回ユースオリンピックの有望選手)が参加しました。
有森は五輪経験者として主にメンタル面に関し「プレッシャーのかかる練習の日々を過ごせば、試合当日はノンプレッシャーでスタートラインに立てる」「アスリート自身の意識を高めることでチャンスを生かせる」などとすべて英語で話し、参加したアスリートたちは熱心に聞き入っていました。なお、一緒にメンターをつとめたのは、シンガポールを代表する陸上短距離選手のクナラン氏(100mで東京、メキシコ五輪2大会連続出場)でした。
ヨーコゼッターランドがウォーキングのモデルとして“歩き”を披露
ヨーコゼッターランドがウォーキングのモデルとして“歩き”を披露
  • ヨコハマ・ワールド・ウォーク
  • 5月5日(月)
  • 横浜みなとみらいスポーツパーク
サッカーや野球などの様々なスポーツを体験できるイベントが横浜みなとみらいスポーツパークで行なわれ、約5000人の参加者で賑わいました。「いいもの王国」が出展するブースのゲストとして招待されたヨーコゼッターランドは、専門家によるウォーキング講習会で、モデルとして歩き方を披露。その後は横浜の街約3kmを参加者と一緒に歩きウォーキングの楽しさを伝えました。
原田裕花が引退後初のバスケ勝負!フリースロー対決の結果は!?
原田裕花が引退後初のバスケ勝負!フリースロー対決の結果は!?
  • 第2回フリーエントリーバスケットボー
    ル大会
  • 4月27日(日)
  • 水戸市・内原ヘルスパーク
地元で活動する約60のクラブチームが参加する大会のゲストとして原田裕花が招かれました。フリースロー対決では、選抜された8名と8本中の成功数を競う真剣勝負に参加。「現役引退以来、バスケで勝負をするのは初めて」と、本人は緊張していましたが、綺麗なフォームで次々とゴールを決め、6本を成功させ、
参加者の最高記録も同数だったため、勝負は引き分け。元五輪選手との対決に会場は盛り上がりました。
■5月7日更新
有森裕子が札幌で「オリンピック、ボルダー、食事」について話しました
有森裕子が札幌で「オリンピック、ボルダー、食事」について話しました
  • さっぽろ東急百貨店イベント
  • 4月23日(水)
  • 札幌市中央区・共催ホール
さっぽろ東急百貨店開店35周年記念とレストラン街リニューアル記念イベントが行なわれ、百貨店の会員さん向けのトークショー「モナリザビューティーセッション・有森裕子」は、700人収容の共済ホールが満員となりました。女性層を意識した「美と健康、食事」をテーマに、AIR'Gの女性アナウンサーと「オリンピック、ボルダー、食事」について話し、
95年の北海道マラソンの実況録音(AIR'G)やボルダーのスライドショーなどで会場は大いに盛り上がりました。その後、東急百貨店10Fに場所を移し、札幌初のレストランと美容関係のショップが融合したフロアでのミニトークショーが行なわれました。