「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > レポートINDEX > 2007年のレポート
■ 過去のレポートINDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■10月3日更新
宮本和知が大腸がん検査を体験し、説得力ある感想を語りました!
宮本和知が大腸がん検査を体験し、説得力ある感想を語りました!
  • 「大腸がんシンポジウム」
    〜大腸がんの早期発見・早期治療に向けて〜
  • 日時:9月30日(日)
  • 会場:熊本市・熊本県立劇場
  • 参加者:一般市民300名
30日に熊本で行なわれた「大腸がんシンポジウム」に、スポーツコメンテーターの宮本和知がパネリストとして参加しました。パネリストは他にドクター3名、コーディネーターの関谷アナウンサーという構成で、実際に10日前に大腸がん検査を受けた宮本が感想を話し、あらかじめ一般の方から収集した大腸がんに対する認知度アンケートを元にドクターが説明していくという流れでした。
大腸がん内視鏡検査を受けたばかりの宮本が語る「全く痛くも無いし、あっという間に検査が終わる。体もきれいになるからぜひ皆さんに受けてほしい!」などの言葉には説得力があり、特に検査を受けたことのない参加者の方は興味津々で聞き入ってました。
■9月26日更新
市橋有里と櫛部静二がゲストランナーとして残暑の福岡を走りました!
市橋有里と櫛部静二がゲストランナーとして残暑の福岡を走りました!
  • シティマラソン福岡2007
  • 日時:9月23日(日)
  • 会場:ヤフードーム/スタート・ゴール
シティマラソン福岡2007で市橋有里は5kmの部、櫛部静二がハーフマラソンにゲストランナーとして参加しました。当日の福岡は最高気温が30度、曇りで大変蒸し暑い天候のなか、ランナーたちは汗だくでゴールを目指しました。
市橋、櫛部は市民ランナーの上位者とともに元気に完走! 開閉会式や抽選会にも参加し、市民ランナーの皆さんと一緒に楽しみました。また、KBC九州朝日放送のラジオ中継に生出演。同時に収録したテレビは10月20日(土)午後3時〜3時55分にKBCテレビで放映される予定です。
京谷和幸が、自身の体験を元に出会いの大切さを語りました
京谷和幸が、自身の体験を元に出会いの大切さを語りました
  • 神奈川エンジン会講演会
  • 日時:9月24日(月祝)
  • 会場:神奈川県厚木市・厚木商工会議所
外食関係の約20社からなるエンジン会主催の講演会で、京谷和幸が講演を行ないました。約70名の参加者を前に、自身にまつわる4つの出会い「サッカーとの出会い」「妻との出会い」「車いすバスケットとの出会い」「ケガとの出会い」をベースに、出会いの大切さについて話をしました。また、最後は<夢を実現するためのステップ>を紹介し、約90分の講演を終えました。
■9月19日更新
エリック・ワイナイナがゲストランナーとして初秋の北海道を駆けました!
エリック・ワイナイナがゲストランナーとして初秋の北海道を駆けました!
  • 第35回オホーツクマラソン
  • 日時:9月16日(日)
  • 会場:北海道標津町
9月16日、北海道標津町で行われた「第35回オホーツクマラソン」に、エリック・ワイナイナ選手がゲストとして参加しました。 前夜からの大雨もスタートの午前10時には上がり、気温18度とこの時期のマラソンには絶好のコンディション。
5km、10km、ハーフマラソンに小学生から一般まで過去最多の500人あまりの選手が出場しました。エリックは、ハーフマラソンに参加。全種目一斉スタートなので、最初の5kmはスピードを上げ10kmの部のランナーとともに走り、折り返し点(中間点)付近では何度も往復しハーフマラソンの選手を待ち構え、終盤はハーフマラソン先頭選手と並走。1時間19分台で予定通り!2位でゴールしました。途中スピード調整をしたので、かなり大勢の一般ランナーが一緒に走ることができ、皆さん大満足の様子でした。レース後は1時間以上かけて参加者ほぼ全員にサインし、皆さんを喜ばせました。

また、前日(15日)は標津町内の中学生を対象に「陸上教室」を実施。「鬼ごっこ」で遊びの要素から入り、ランニングフォームチェック、故障予防と慣れた手順でわかりやすくて面白い教室でした。ミニトークショーでは、ケニアでの少年時代や日本に来てからオリンピックのメダリストになるまで「ネバーギブアップ」精神でやってきた事など子供たちにわかりやすく伝えていました。

■9月12日更新
駒田徳広がシステム会社で講演。参加者の皆さんのアンケートで高評価!
駒田徳広がシステム会社で講演。参加者の皆さんのアンケートで高評価!
  • 株式会社エクサ「維持管理フォーラム」
  • 日時:9月7日(金)11:00〜
  • 会場:横浜市中区・メルパルク横浜
  • 参加者:社員111名
企業業務向けシステム会社、株式会社エクサの維持管理フォーラム内で駒田徳広が講演を行ないました。組織論や部下(後輩)へのコーチングやコミュニケーションの取り方を、自身の経験を元に話されました。当時のプロ野球の話に参加者の皆さんは楽しそうに聴き入っていました。
フォーラム後のアンケートでは、有意義な講演だっとの意見が多く、熱烈な巨人ファンや野球ファンの方から、純粋な感激の声や球界の裏話を聞けた喜びの他にも、「日頃の業務とは違う世界の話が参考になった」「後輩や部下の育て方、育てられ方など、今後の業務の参考になった」「コミュニケーションの大切さを知った」などの意見が目立ったとのことです。
田中ウルヴェ京が講演で“人生の本当の勝利”について話しました
田中ウルヴェ京が講演で“人生の本当の勝利”について話しました
  • 東京海上日動あんしん生命株式会社
    「MDRTあんしん分会オープンセミナー」
  • 日時:9月7日(金)17:00〜
  • 会場:東京・丸の内東京海上日動ビルディング
  • 参加者:社員約150名
オリンピック銅メダリストでメンタルトレーナーをはじめ幅広く活動している田中ウルヴェ京が、保険セールスマンの方々へモチベーションアップを目的とした講演をしました。「人生の本当の勝利」とは死ぬ直前に何かひとつでも納得いくことができたか、悔いが残らないのように人生を送ることができたか、そう思えることが「本当の勝利」だと話していました。ほかにも途中体操なども取り入れながら、日々を充実したものにするための心の持ち方について話しました。
■9月5日更新
現在の女子バスケ日本代表への想いをかつて主将を務めた原田裕花が語りました
現在の女子バスケ日本代表への想いをかつて主将を務めた原田裕花が語りました
  • 「スポーツニッポンフォーラム」
  • テーマ:「スポーツにおける根性って何だ?」
  • 開催日:8月29日(水)
  • 会場:KKRホテル東京
原田裕花が、オリンピックメダリストの黒岩彰氏、スポーツジャーナリストの二宮清純氏とともにパネリストとしてシンポジウムに参加しました。大怪我を乗り越えて五輪出場した経験や、現在の女子バスケットボール日本代表に対する想いを“根性”を軸に話し、他のパネリストとともに会場を盛上げました。
岩崎恭子が講演。「個人競技の水泳でもチームとして戦ってはじめて勝てる」
岩崎恭子が講演。「個人競技の水泳でもチームとして戦ってはじめて勝てる」
  • 「メディカルブランディングセミナー」
  • テーマ:「自分自身との戦い〜自分の力 みんなの力〜」
  • 開催日:9月1日(土)
  • 会場:東京都新宿区・ヒルトン東京
臨床検査技師約150名を前に、バルセロナオリンピック金メダリストの岩崎恭子が講演をしました。個人競技の水泳も、様々な人の支えや、「日本チーム」として戦うことで、はじめてオリンピックで良い成績が出せたこと。医療においてもお医者さんはじめ、様々な人が協力して患者さんのために最善を尽くす「チーム医療」の大切さがあることなど、共通点を交えながら話しました。
パラリンピック応援ライブの記者発表に義足のロングジャンパー佐藤真海が出席
パラリンピック応援ライブの記者発表に義足のロングジャンパー佐藤真海が出席
  • 『Love Rhythm 2007 Live 北京パラリンピックへの道』
  • ライブ日程:10月13、14日
  • ライブ会場:東京国際フォーラム
  • 記者会見日程:8月29日
来年9月6日に開幕する北京パラリンピックの応援ライブ開催が決まり、歌手の大黒摩季さんと岡本真夜さん、北京を目指す男子車いす陸上の千葉雅昭さん、走り幅跳びの佐藤真海らが出席し、東京都内で記者会見を行ないました。ライブは10月13、14日に東京国際フォーラムで、アーティスト8組が出演し行なわれ、チケット売上の一部が日本障害者スポーツ協会などに寄付されるとのこと。会見で佐藤真海は、こういったライブが開かれることに感謝するとともに、「約6年前に骨肉腫で右足を切断して、お先真っ暗だった私にはスポーツしかありませんでした。北京への切符を取りたい」と決意を語りました。